カーリング女子日本代表の銅メダルや羽生結弦選手のオリンピック連覇など、

大変盛り上がった平昌オリンピックも終わり、現在はパラリンピックが開催されています。

そんな中、アテネ~リオデジャネイロオリンピックまで、女子レスリングで4連覇を果たした

伊調馨選手に関する衝撃的な話があがってきました!

その内容とは栄監督によるパワハラ疑惑!!

いったいどの様なパワハラが行われたと話題になっているのでしょか?

調べてみました!

伊調馨選手のプロフィール

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0309/jc_180309_5839178829.htmlより引用

生年月日:1984年6月13日
生まれ: 青森県 八戸市
身長:166cm
体重:63kg
両親: 伊調トシ、 伊調春行
兄弟姉妹: 伊調千春

アテネオリンピックからリオデジャネイロオリンピックまでの4大会で金メダルを獲得し、

女子個人として人類史上初のオリンピック4連覇を成し遂げました。

公式戦で172連勝という驚異的な記録打ち立てました。

リオデジャネイロオリンピック終了後、それまでの功績が評価され、国民栄誉賞を受賞しています。

栄コーチとの関係

中学生であった伊調馨選手を栄監督がスカウトした時から、2人の師弟関係はスタートします。

このスカウトによって、伊調馨選手は中京女子大学付属高校(現・志学館大学付属高校)に入学し、

栄監督の指導を受けるようになります。

その後、コーチの指導の影響か、伊調馨選手はメキメキと実力をつけ、

2004年のアテネオリンピック、2008年の北京オリンピックで金メダルを獲得します!

北京オリンピックの時には栄コーチが伊調馨選手を肩車し、素晴らしい師弟関係であるように思えましたよね!

http://newspo24.com/10226.htmlより引用


この2人の関係が崩れたのはこの後からだそうです!

北京オリンピックご伊調馨選手は姉の千春選手とともにカナダへ留学します!

この留学で、伊調馨選手はレスリングを楽しむという事を思い出し、

帰国後、練習の拠点を志学館大学から東京に移します!

栄コーチの勝つためのレスリングから距離を置いたんでしょうね。

拠点を変えた伊調馨選手が新たに師に仰いだのが田南部力さん!

こうして伊調馨選手と栄監督との距離は離れていきました。

スポンサーリンク


栄監督のパワハラとは?

伊調馨選手が練習拠点と師を変えた事に激怒したのか、

栄監督からのパワハラはこの時から始まったそうです!

その内容は以下の3点!

新たに伊調馨さんコーチとなった田南部力さんへの不当な圧力
伊調馨選手の男子合宿への参加禁止
警視庁レスリングクラブへの出入禁止

東京で伊調馨選手の新しいコーチとなった田南部力さんへの不当な圧力があったようです!

栄監督は伊調馨選手が自分以外の誰かの師事を仰ぐのが許せなかったのでしょう。

田南部力さんに

伊調馨選手のコーチを辞めろ!従えなったら出ていけ!!

と命じたそうです!

当然こんな不当な命令を聞けるわけもなく、

田南部力さんはこの命令に反論してようです。

そして栄監督のパワハラはこの事だけに留まらず、

伊調馨選手が東京で練習拠点にしていた、警視庁レスリングクラブへの出入りも禁止されたそうです!

また、田南部力さんは男子レスリングの指導者だった為、

伊調馨選手も男子と一緒に練習する事があったようです。

その為、男子合宿へ参加した事があるのですが、

ここにも栄監督のパワハラが及んだようで、

伊調馨選手の男子合宿への参加を禁止したんだとか!

栄監督は2013年に多くのメダリストを輩出した名コーチとして、

強化本部長へと就任します。

このパワハラによる行為が本当だったとしたら、

何をもって強化本部長と言うんでしょうね??

栄監督はこのパワハラ問題を真っ向から否定していますが、

実はこの様なパワハラは日常茶飯事だったという発言もあります!

志学館大学の選手の発言

このパワハラ問題にが表面化し、元志学館大学の女子レスリング選手だった方達も

栄監督のパワハラは日常茶飯事だった

と発言しています!

「栄監督は私たちが思い通りに動けないと、『死ね』、『レスリングができないようにしてやろうか』と怒鳴り散らす。選手の頑張ろうという気持ちを踏みにじり、人格を否定するんです」

「全日本選手権で負けてしまった時には、他の選手が見ている前でビンタや蹴りを入れられました。もちろん誰も止められません。大学時代の全日本合宿の前には、先の割れた竹刀で太ももの裏を何度も何度も叩かれました。20センチくらいのミミズ腫れとなり、お腹や鼻にも切り傷ができました。他の子から『証拠を取っておいたほうがいいんじゃない?』と言われるほど酷い傷でしたが、周囲には『転んだだけ』と口を濁すしかありませんでした」

「パニック障害のような症状が出るようになったのです。ある時期は栄監督から名前を呼ばれただけで蕁麻疹が出た。頭の中が常に恐怖心でいっぱいになるんです。電車に乗るのも息苦しかった。レスリングのホールドと同じように体を圧迫されるので、病院でのMRI検査を受けることができませんでした。誰かが手を挙げただけで、反射的に自分の身をかばうような動きをしてしまうこともありました。今でも1人でいると、たまに症状が出てしまいます」

パワハラがあったと発言している元志学館大学の選手は10名を超えているそうです。

やはりパワハラは本当にあったという事なのでしょうか?

これだけの人数の人が一斉に声をあげているのですし、あったと考える方が自然なように思えます!

今回告発者は誰??

http://news.livedoor.com/article/detail/14366427/より引用

今回、栄監督のパワハラに対する告発文が発表されましたが、

その告発者一体誰だったのでしょうか?

告発者は2名おり、当初、告発者A、Bと言われていましたが、

話が大事になるにしたがって、告発者A,Bが誰なのか判明しました!

告発者Aとは?

告発者Aとはほかならぬ、伊調馨選手の東京でのコーチである田南部力さん!

不当な圧力を受けた張本人ですし、栄監督を告発したいと考えたとしても不思議ではありませんよね!

また、田南部力さんですが、娘さんもレスリング選手で、

その実力はインターハイで2位と素晴らしい成績!

実は全日本レスリング選手権に出場する選手の選考条件に

インターハイ3位以上

という基準があります!

田南部力さんの娘さんはインターハイ2位なので、この基準をクリアしていますが、

なんと全日本選手権には呼ばれていないようです。

しかも、インターハイ1位の選手は当然として、3位の選手までのが呼ばれているようで、

その理由は栄監督が指示した為と言われています。

やはり、伊調馨選手を巡って、2人の間には相当の確執があるようです。

告発者Bとは?

もう1人の告発者である、告発者Bとは安達巧さんという人物。

栄監督の高校と大学での後輩にあたります。

親交が深そうな安達巧さんが先輩である栄監督を告発したのかと言いますと、

安達巧さんは以前から田南部力さんから栄監督のパワハラについて相談を受けおり、

伊調馨選手が2年後の東京オリンピックに向けて練習を再開するには今がギリギリのタイミングであるから

なんだそうです。

現在、練習環境を失っている伊調馨選手やそのコーチである田南部力さんを考えても行動だったようですね。

まとめ

栄監督のパワハラ問題に関する内容とその告発者について調べてみました!

現在でもこの告発状の内容が本当なのか嘘なの聞き取り調査が進められています。

早くこの問題に決着をつけて、

伊調馨選手が東京オリンピックへ向けて練習できる環境を整えてあげる事に全力を注いで欲しいですよね!

東京オリンピックでの前人未到の5連覇を見てみたいですね!

スポンサーリンク