北条司さん原作のマンガ、シティーハンターが2019年春に

劇場版アニメとして復活する事が決定しました!

なんと1989年に公開された劇場版「シティーハンター 愛と宿命のマグナム」

以来の約29年振りの復活となります!

最近は過去の大作を劇場版として公開する機会が増えていますよね!

サイボーグ009とか宇宙戦艦ヤマトとかも劇場版アニメを放送してましたよね。

さて、今回劇場版アニメとして復活する事になったシティーハンターですが、

実は韓国でドラマ化されていたの後存知ですか?

韓国での放送なので、やはり日本版と色々と設定やあらすじが異なるのでしょうか?

調べてみました!

シティーハンターとは?

シティーハンターとは北条司さんにより1985年から1991年までの間、

週刊少年ジャンプで連載された漫画で、主人公であるスイーパー(殺し屋)・冴羽 リョウ(さえば りょう)が

依頼人の要請により、事件を解決していく話です!

基本的にはオムニバス形式で物語は展開され、冴羽 リョウへ依頼方法は

新宿駅東口にある伝言板にXYZの暗号と連絡方法を書き込む

という形である、

個人的にはカッコいい依頼方法としてよく覚えいます!

アニメ化や映画化もされ、長期にわたって人気がある作品です。

約29年振りの映画かからその人気が伺えますよね。

スポンサーリンク


韓国版シティーハンターのあらすじ

シティーハンターの人気は高く、韓国でもドラマ化されています!

https://blog.goo.ne.jp/raburabutyann722/e/9592760771c7a8efbe48a24dbb83582eより引用

全20話で構成されており、日本のドラマが10~12回で完結する事を考えると少し長めですよね。

気になるあらすじですが、

ユンソンという若者とナナという女性を中心に話が展開されます。

ユンソンのモデルが冴羽リョウといった感じですね。

ユンソンは国家地図安全通信網チーム職員というですが、

その裏の顔は悪への復讐を目的とするシティーハンター!

ユンソンの生い立ちは複雑で、彼の父親は韓国政府最高幹部「5人会」の罠にはまり殺されえてしまいます!

この時に、父親と一緒に罠にはまり、重傷を負ってしまうのが、

父の親友であり彼に武術を教え込んだジンピョ!

彼は自身を罠に嵌め、親友を殺した5人会への復讐の為、ユンソンを誘拐し、

武術の達人へと仕立て上げるのです!

ここら辺の設定は、冴羽リョウのキャラクター設定と少し似ていますね!

冴羽リョウは物心つかない幼少期に中南米上空で飛行機事故に遭遇し、ジャングルに放り出されれます。

奇跡的に生還した彼が拾われたのは、某小国の反政府ゲリラ部隊のある村!

この為、彼は幼少の頃より、銃の扱いや戦闘に関する知識や技術を体得しています。

また、冴羽リョウは大変女好きなキャラクターであり、

ユンソンも表向きは軟派なプレイボーイを演じています!

育ての父との訓練の結果、武術の達人として育ったユンソンは彼の実父の死の真相をジンピョより聞かされ、

その後、韓国に帰還します!

韓国に帰国したユンソンはひょんなことから大統領府のSPであるナナと出会います!

ユンソンとナナはお互いに衝突しながらも徐々に惹かれあっていきます。

しかし、シティーハンターとして、5人会への復讐を宿命づけられたユンソンは

ナナを巻き込みたくない一心から、葛藤していく日々・・・

また、育ての親であるジンピョとは復讐の方法で対立していきます!

ジンピョは5人会を亡き者にする事による復讐にこだわりますが、

ユンソンは殺しをする事を拒否し、5人会を社会的に抹殺する方法にこだわります!

育ての親との衝突や、ナナとの恋愛の行方が描かれた作品となっています!

シティーハンターと名付けられているが?

韓国版シティーハンターは「シティーハンター」という名前が付いていますが、

マンガで描かれているシティーハンターとは若干異なっている感じですね!

主人公のモチーフにシティーハンターの主人公であう冴羽リョウというキャラクターを使用した

といった感じでしょうか!

冴羽リョウ以外に、シティーハンター本作に登場するキャラクターは出演していないんじゃないかと思います!

マンガ版シティーハンターを期待して本作を見ると少しがっかりするかもしれませんね!

しかし、ドラマ自体は面白いものなんで、見てみる価値はあるかと思います!(#^^#)

まとめ

今回は韓国版シティーハンターのあらすじについて書いてみました!

シティーハンターの主人公である冴羽リョウをモチーフにして描かれた作品

といった感じですね!

マンガ版シティーハンターとは異なる点が多いですが、

ドラマとしては見てみる価値はあるのではと思います!

スポンサーリンク