皆さん太陽の塔はご存知ですよね!

1970年に大坂府吹田市で開催された大阪万博のシンボルとして建設された塔であり、

万博終了後も万博記念公園に残され、大坂を代表する観光名所となっています。

その太陽の塔ですが、1970年に大坂万博時を除けば、

2003年~2007年3月31日の間の期間限定と

改修工事前の2016年10月29日、30日で公開されたのみ!

しかも2003年~2007年3月31日の間は消防法などの関係により、

1階部分しか公開されませんでした!

いまや、太陽の塔の内部を知っている人ってほとんどいないんじゃないでしょうか?

そんな太陽の塔ですが、この度、2018年3月19日より上層部まで含めて、

内部を公開する事になりました!

これを機会に太陽の塔を見学しようと考えている方も多いんではないでしょうか?

気になる太陽の塔と見学期間と料金について調べてみました!

太陽の塔とは?

見学に行く前に太陽の塔についておさらいしておきましょう!

太陽の塔オフシャルサイトより引用

太陽の塔とは1970年に開催された大坂万博のシンボルとして岡本太郎さんにより建築された塔です!

その形はかなり独特で、

未来を表す上部の黄金の顔、現在を表す正面胴体部の太陽の顔、過去を表す背面に描かれた黒い太陽

の3つの顔を持ちます!

いまや大坂を代表とする観光スポットであり、多くのメディアでも登場しています。

特に、大人気漫画「20世紀少年」に出てくる、ともだちの塔は太陽の塔をモチーフにしているとされ、

「20世紀少年」のあまりの人気ぶりに、太陽の塔自体をともだちの塔に改装した事もある位!

https://gigazine.net/news/20090119_expo/より引用

色々なメディアへの登場という点から、その知名度の高さが伺えますよね!

日本人で太陽の塔を知らない人ってほとんどいないのではないでしょうか?

スポンサーリンク


太陽の塔の内部を一般公開したのは過去3回

太陽の塔の存在を知っていても、その内部を見た事がる人は少ないと思います!

かく言う僕も太陽の塔の内部には入った事が無い1人です!笑

と言いますのも、

太陽の塔の内部が一般公開されたのは過去に1970年の万博開催時と

2003年~2007年3月31日に不定期開催、

改修工事前の2016年10月29日、30日に公開されてのみです!

1970年大阪万博時

大坂万博時、シンボルであった太陽の塔は当然内部を公開されています!

万博開催中は内部に高さ約41メートルの「生命の樹」を中心に、生命の歴史を感じられる展示物や、

地下には「地底の太陽」と呼ばれる第4の太陽の顔が展示されていました!

「地底の太陽」は万博終了後の撤去作業から現在に至るまでその行方が解らない状態になっているそうです!

2003年~2007年3月31日

2003年から太陽の塔の内部を公開した事はありました!

この時は、日本万国博覧会記念機構が独立行政法人となったのを記念して、

万博開催年が1970年にちなんで、1970人を抽選で選び、公開されています。

当時の抽選申し込み方法も大坂万博の時代背景にのっとたのか、はがきによる応募でした!

以降も不定期で一般公開はされていたようですが、

この時は、消防法の関係により、公開されたのは1階部分だけだったようです。

2016年10月29日、30日

2016年10月29日、30日に太陽の塔が改修工事に入る前に、

2日間限定で公開されました!

大坂万博が開催された時の太陽の塔を見れる最後のチャンスだったせいか、

500人の募集枠に約8万人の応募があり、その倍率は約160倍となりました!

この事態をうえk、800人を追加する事を決定し、

最終的には1141名が万博当時の太陽の塔を見学しました!

2018年3月19日より内部公開

改修工事が終了し、2018年3月19日より、太陽の塔が一般公開されました!

今回の改修工事で、万博当終了時から行方が分からなくなっていた、

第四の太陽である「地底の太陽」が復元されています!

約48年振りに復元さえれた「地底の太陽」!

ぜひ見てみたいですよね!

見学は何時まで?

太陽の塔の見学は3月19日より開催されています!

今回も開催期間があるのか気になるところですが、期間については明言されていません!

ただ、常時公開と公表されているので、今後公開され続けられる可能性はありますよね!

また、開館時間は午前10時から午後5時までで、入館は午後4時30分までとなっています。

料金は?

太陽の塔を見学する料金ですが、

大人:700円
小中学生:300円

しかし、太陽の塔がある万博記念公園の入園料は

大人:250円
小中学生:70円

必要な為、
太陽の塔を見学しようと思ったら

大人:950円
小中学生:370円

となっています!

見学方法は?

見学には予約による申し込みが必要です!

先着順となっており、予約手続日から4ヶ月先まで予約可能で、

1回の申し込みで6名まで予約が可能です!

→「太陽の塔」入館予約

まとめ

改修工事が終わり、一般公開が開始された太陽の塔について調べてみました!

現在は一般公開が開始されて間もない為、

予約を取るのは大変困難ですね!

少し時間が経てば予約にも空きが出てくるでしょうし、

そうなったら、ぜひ太陽の塔の内部を見てみたいものですね!(#^^#)

スポンサーリンク