現在、メジャーリーグに挑戦し、ロサンゼルス・エンゼルスでプレイ中の大谷翔平選手!

高校時代から熱望してたメジャーリーグ挑戦という夢をついに実現しました!

開幕からメジャーでのプレイしており、現在、投打で大活躍中です。

オープン戦での成績や海外の反応をみると、大谷翔平はメジャーリーグでは通用しないと考えた人も多かったと思います。

しかし、3試合連続のホームランや完全未遂のピッチングで大活躍!

その結果、大谷翔平選手の評価はうなぎ上りに。

開幕メジャーを疑問視する海外の反応もありましたけど、そのような評価を自分の力で根こそぎ変えてしまいました!

やはり勝負の世界だけに、結果を残すと周囲の評価ってガラッと変わりますね!笑

実力の世界ですので当然と言えば当然ですが、この短期間で海外の反応がここまで変わってしまうのもちょっと怖いですね!笑

今回、大谷翔平選手への海外の反応がどの様に変化していったかを調べてみました!

スポンサーリンク


オープン戦での大谷翔平選手への海外の反応は?

https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171213-00079262/より引用



日本球界で大活躍し、満を持してメジャーリーグに挑戦する事になった大谷翔平選手。

メジャー移籍時に、新労使協定における年俸問題が取り上げられましたが、お金は関係ない!夢の為に野球をやっているんだ!!

大谷翔平選手はそのように考えていたんだと思います!

それを証明するかのように、

彼の実力から考えると、かなり安い年俸でのメジャーリーグ挑戦となりました。

大谷翔平の年俸が安いのは何故??

大きな話題を持ってメジャーリーグへ挑戦し、ロサンゼルス・エンゼルスでプレイする事に。

大谷翔平選手ならメジャーリーグでも十分通用するだろうと大勢の人が思ったでしょう。

しかし、良く聞くボールの違いやストライクゾーンの違いなどの影響なんでしょうか?

大谷翔平選手は投手としても打者としてもオープン戦で結果を残すことが出来ませんでした。

オープン戦時には一時、投手としては防御率27.00、打者としては打率1割7厘と大谷翔平選手とは思えない様な結果になっていました!

この結果に海外の反応は、1A(マイナー)でシーズンを始めるべきだ、マウンド上で逃げ腰になっているといった厳しいものとなっていました!

結果を求められる世界ですし、この様な反応も仕方ないのかもしれませんね。

しかし、この反応とは逆に、エンゼルス首脳陣は大谷翔平選手をメジャーとして登録しました!

スポンサーリンク


メジャー開幕後の海外の反応

http://www.news-postseven.com/archives/20180412_666373.htmlより引用



エンゼルスの1員として開幕をメジャーで迎えた大谷翔平選手!

オープン戦での結果を見ると、いくら大谷翔平選手と言えど、メジャーリーグは難しいのでは?

と思った人もいるかと思います。実は僕もその1員でした!笑

そして始まったメジャーリーグ。

大谷翔平選手は現地時間で3月29日に行われた開幕戦で、8番DHで先発出場しました。

開幕で先発選手に選ばれるあたりはさすが大谷翔平選手。

そして、この試合でメジャーリーガーとして初打席・初級・初安打を記録します。

結果として、5打数1安打1三振という結果でした。

無事に初安打を打てた事にホッとしたのではないでしょうか?

それにしても、メジャー初打席で初球から振りに行くのはスゴイですね!

そして、大谷翔平選手の快進撃が始まったのが次の試合から!

現地時間4月3日に行われたインディアンス戦で再び8番DHで出場。

この試合で大谷翔平選手はメジャーリーガーとして初ホームランを打ちます。

そして、大谷翔平選手はこの試合から3試合連続でホームランを打つんです!

シーズン中に投手が3試合連続でホームランを打つのは1930年依頼の出来事で、

その時達成したのは野球の神様と言われたベーブ・ルース!

大谷翔平選手はもしかしたら神様さえ超えてしまうんでしょうか?

そうなれば大谷翔平選手はなんて言われるんですかね?日本人だから仏様とか?笑

この活躍に海外の反応もスゴイ事になっていました!

大谷翔平がまたやってくれた! またホームラン! 三試合連続のホームラン!
現実とは思えない! 大谷翔平が3試合連続でフェンスの奥深くまでボールをたたき込む

とオープン戦とは全く逆の反応!

さらに投手としても活躍します!

現地時間4月8日のオークランド・アスレチックス戦に投手として出場しました。

打者19人に対し1人の走者も許さず、7回1死にヒットが出るまで完全試合を演じます!

結局完全試合は逃しましが、1安打1四球という無失点で勝利投手に!

このピッチングに海外の反応は「完全試合未遂」と評価し、メディアも大絶賛!

さらに、これだけのピッチングをしながらも、

唯一出した四球を課題と自己評価した大谷翔平選手に対し、

前代未聞のメンタリティと評価した海外の反応もありました!

投手としても打者としてもオープン戦とは全く真逆の反応となりましたね。

まとめ

今回は大谷翔平選手への海外の反応の変化を調べてみました!

結果が全ての世界ですので当たり前ですが、

やはり活躍する選手に対しては絶賛するようですね!笑

特に3試合連続でホームランを放った時は凄かったですよね。

今後も大谷翔平フィーバーが続くように応援していきましょう!