9月14日に放送された踵まで貼り大島船団丸が行っている6次産業が紹介されています!

はたとして6次産業とは何なのでしょうか?



萩大島船団丸発生の6次産業とは?

6次産業とは漁を行った直後の魚を仲介業者を通さずに直接消費者へ発送するサービスのことです!

一次産業+二次産業+三次産業それぞれの数字を足す若しくはかける事で6次となり、この様に呼ばれています!

最大のメリットは卸売業者を通さないことにより通常以上に安く新鮮な魚を手に入れられることです

金スマで紹介されていた魚は15000円なのでしたが通常の飼い方をすると5万円以上の価格となっています

また、萩大島船団丸ではスマホのグループライン機能を使い、釣れた魚の情報を瞬時に共有!

沖から戻る頃には既に取引が成立しています。

市場を通せば通常2~3日かかる魚が最短8時間で東京に届きます。

もちろん一般家庭でも購入が可能です!

萩の新鮮な魚を漁師さんと直接やり取りして購入することができます!