9月30日に放送された消えた天才!

今回の放送で現在日本最速の山縣亮太さんが絶対に勝てなかった天才が紹介されていました。

一体どのような人物なのでしょうか?



山縣亮太さんが勝てなかった天才の名前は茅田さん!

先月のアジア大会、男子100メートル決勝で10秒00で銅メダルを獲得した山縣亮太さん!

運動神経もさることながら、そのルックスと慶応義塾大学卒業という偏差値70を超える秀才である事も話題となっています。

完璧なスペックを持っている山縣亮太さんが勝てなかった天才とはどの様な人物なのでしょうか?

非常に気になりますよね!

山縣亮太さんが勝てなかった天才と出会ったのは彼が中学生の時!

この天才を山縣亮太さんは神様と表現していました!

当時山縣亮太さんが所属していた中学は中高一貫の偏差値70を超える進学校!

当時弱小の陸上部だったのですが、この学校の同級生に天才がいたそうです。

その人物の名前は茅田昂さん!

長身で眼鏡をかけた少年で、中学生までは陸上経験はなく、小学生の時はサッカーをしていたそうです。

その風貌とは裏腹に、100メートル後半の「伸び」を武器に山縣亮太さんに勝ち越しており、中学途中までの対戦成績は茅田さんの11勝1敗!

高校では100メートルから400メートルに転向!

それから1年も経たずに高校歴代5位となる47秒75を記録しており、高校生の日本代表として世界ユースにも出場しています。

しかし、その後、茅田さんはオリンピックなどの国際舞台や国内での活躍もなく、表舞台から姿を消しました!



茅田昂さんが表舞台から消えた理由は?

茅田昂さんは現在26歳!

山縣亮太さんに劣らないスーツが似合うイケメンになっていました!

そんな茅田昂さんは現在、商社マンとして勤務していました!

仕事では英語を操りエリートビジネスマンとして活躍しています。

実は過去2人は一緒に慶応大学へと進みオリンピックへと出場する事を約束していました。

しかし、大学時代に2人の明暗はクッキリと別れます!

山縣亮太さんはメキメキ実力を付け、頭角を表して行きましたが、茅田さんは小さな大会でも勝てなくなっていきます。

そして大学2年生の時に山縣亮太さんはオリンピックに出場!

しかし、茅田さんはこの山縣亮太さんの姿をテレビで見る事しか出来ませんでした。

実は茅田さんは中学生の時から身長があまり伸びず、逆に山縣亮太さんは24㎝も身長が伸び、茅田さんを大きく超える身長に成長していました。

身長は短距離走選手にとって大きな武器!

茅田さんが表舞台から姿を消したのは中学生時代に身体の成長が止まった早熟の選手だったからだったのです。

それでも大学4年間腐らずに練習を続けた茅田さんですが、大学で勝つ事は出来ず、大学最後の大会が近づいていました。

実はこの時、ライバルである山縣亮太さんから茅田さんにある提案があったそうです。

それは山縣亮太さんも400メートルの練習をするから一緒にリレーを走らないかという提案でした。

山縣亮太さんは最後の大会は茅田さんと一緒に走って優勝したかったそうです!

山縣亮太さんは茅田さんがいなかったらここまで成長できなかったと感じており、茅田さんにもう一度優勝を経験して欲しいと考えていました。

そして始まった大学最後のレース!

2走者目を走っていた山縣亮太さんは持ち前のスピードで前を走っていた3名を抜き、トップに躍り出ます。

そして、3走目のランナーである茅田さんへとバトンが繋がりました。

しかし、茅田さんは抜かれ失速…

優勝はムリだと諦めかけた時、最終コーナーを曲がった茅田さんが加速し、再びトップに立ちます!

その後、アンカーにバトンが繋がり慶応が僅差で61年振りの優勝を果たしました!

2人にとって両名は本当の仲間だと語っていました!!

9月30日放送の消えた天才!の他の内容はこちら!
⇒消えた天才【9月30日】で放送された中田久美が唯一勝てなかった大谷佐知子さんとは??
⇒消えた天才【9月30日】で長嶋一茂が勝てなかった猿田和三とは?
⇒消えた天才【9月30日】で紹介!元PL野球部の本間俊匠さんは借金10億円??
⇒消えた天才【9月30日】で紹介!元PL野球部の黒木泰典さん企業で大成功?
⇒消えた天才【9月30日】で紹介!田中理恵が唯一勝てなかった岡部紗季子とは?