9月30日に放送された消えた天才!

この放送で長嶋一茂さんが唯一勝てなかった天才が登場しました!

大学時代長嶋一茂さんが唯一勝てなかった人物とはどの様な人なのでしょうか?



長嶋一茂さんが唯一勝てなかった人物とは?

長嶋一茂さんが唯一勝てなかった人物に出会ったのは彼が当時、大学の日本代表として活躍していた時!

アメリカ代表と戦ったとき長嶋一茂さんはアメリカ代表が投げる剛速球に度肝を抜かれたそうです。

その後、首位打者となる古谷敦也さんも当時この試合に参加していたのですが、この剛速球には驚いていたとか!笑

誰もが打つ事を諦めかけていた時、この剛速球をレフトスタンドへホームランを打ちました!

そして、このホームランがこの試合日本代表唯一のホームランだったそうです。

ちなみに長嶋一茂さんはこの試合、3打席連続3振だったようです!笑

剛速球だけでなくアメリカの投手が放ったカーブが体に当たるかと思う程のキレがあったそうです。

そんなアメリカの投手からホームランを打ち、長嶋一茂さんが唯一勝てなかった天才の名前は猿田和三さんと仰います!

9月30日放送の消えた天才!の他の内容はこちら!
⇒消えた天才【9月30日】で放送された中田久美が唯一勝てなかった大谷佐知子さんとは??
⇒消えた天才【9月30日】で山縣亮太が勝てなかった茅田昂さんとは?
⇒消えた天才【9月30日】で紹介!元PL野球部の本間俊匠さんは借金10億円??
⇒消えた天才【9月30日】で紹介!元PL野球部の黒木泰典さん企業で大成功?
⇒消えた天才【9月30日】で紹介!田中理恵が唯一勝てなかった岡部紗季子とは?