10月11日に放送された、日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館。

今回の放送で、保証人と連帯保証人の違いを説明していました!

両方とも似たような言葉ですが、一体違いはなんのでしょうか??



保証人と連帯保証人の違いは何?

今回、ハナタカに出演していた横粂弁護士によると、保証人の方が責任が軽い、連帯保証人の方が重いと説明していました。

具体的に言うと、連帯保証にっはほぼ債務者と同じ立ち位置となり、その為、本人より先に請求されても拒むことが出来ません。

さらに、債務者本人が返済する事が出来たとしても拒むことが出来ず、債務者と返済額の相談も出来ないそうです。

仮に、債務者本人が逃げ出していなくても、連帯保証人には請求がくる場合があるそうなんです。

一方、保証人は債務者の状況によって、拒否や主張をする事が出来るそうなんです。

連帯保証人になるには絶対注意ですね!