11月5日に放送されたスカッとジャパン!

今回の放送で久しぶりに胸キュンスカッとが放送され、大きな話題となっています。

胸キュンスカッとと言えば大友花恋さんが出演している事で話題となっているコーナーですよね!

今回、大友花恋さんはどの様な役で出演しているのでしょうか?



11月5日に放送された胸キュンスカッとの内容は?

今回放送された胸キュンスカッとの内容は、「ハッキリ言えない気弱女子を追いつめる女」

大友花恋さんはこのミニドラマの中で、友人にハッキリと物事を言えない気弱な女性を演じています。

物語の舞台は高校!

大友花恋さんが演じる気弱な女性 大原真帆と山田愛奈さんが演じる気弱女子を追いつめる女性 柿崎洋子が平野紫耀さん演じるスポーツ万能、成績優秀、さらにイケメンという男性 中西仁紀を巡っての物語です!

大原真帆と柿崎洋子は元々友人関係ですが、ハッキリと物が言えない大原真帆は柿崎洋子に自分の予定を後回しにしても渋々付き合っているような間柄でした。

そんな中、大原真帆はクラスで隣の席に座る中西仁紀とひょんなことから仲良くなり始めます!

しかし、クラスの人気者である中西仁紀に柿崎洋子も恋心を持っていたのです。

ある日、柿崎洋子は大原真帆に中西仁紀のラインを聞いていくるように話すのですが、珍しく大原真帆がこれを拒否!

これを機に柿崎洋子は大原真帆の陰口を言うようになり始めます!

柿崎洋子に嫌われ、これ以上自分が傷つく事を避けるため、大原真帆は中西仁紀と距離を置くようになっていきます!

そんなある日、柿崎洋子が自分の陰口をたたく場面に出くわした大原真帆!

この時、柿崎洋子から「友達ではない」、「中西仁紀に近づくな」と言われてしまう大原真帆ですが、何も言えずにその場に立ちすくんでしまいます。

そんな時に現れた中西仁紀が柿崎洋子に「大原真帆には自分から近づいた」「友達じゃないと平気で言える人とは友達になれないので自分にこれ以上近づくな」と言い放ちます!

その後2人で下校する大原真帆と中西仁紀!

自分の意見をはっきり伝える事が出来ないとダメだと言う大原真帆に中西仁紀は自分もすべてをハッキリ言えるわけではない。

そんな時は手のひらに文字を書いて相手に気持ちを伝えるといい、今自分が大原真帆への好意を手に書き、伝えたのでした!

最後に大原真帆が手のひらに「好き」と手のひらに書き中西仁紀伝える事で、自分の気持ちをハッキリと伝える大切さをしったのでした!