11月7日に放送されたソレダメ!

今回の放送で、サバ缶に関する新常識が紹介されていました。

その1つとして、サバ缶をより美味しく食べれる時期を紹介しています!

果たしてサバ缶がより美味しく食べれる時期は賞味期限ギリギリと紹介されていましたが一体なぜなのでしょうか?



サバ缶が賞味期限ギリギリに食べると美味しい理由は?

サバ缶の賞味期限は約3年と番組内で紹介されています。

当然、出来立ての方が美味しく食べれると思われがちですが、どうやらこの考えは間違っているようで、サバ缶をより美味しく食べれる時期は賞味期限ギリギリ!

この理由は賞味期限ギリギリまで待つ事で、肉質と味がよく馴染んできてとても美味しくなる為!

サバは缶詰で長時間保存される事で、味が馴染み美味しさがアップするようなのです。

是非一度食べてみたいものですが、3年間待つのは中々辛いですね!笑

コンビニや食料品店で賞味期限ギリギリのサバ缶を探して買った方が早くこの味を試せそうですね!笑