11月28日に放送されたホンマでっか!?TV。

今回の放送では新企画であるホンマでっか実験室というコーナーが放送されていました。

今回の実験で行われたのは約1週間で絵がうまくなるという方法の実証!

果たし本当に1週間で絵は上手くなるのでしょうか?

そしてその方法とは一体どのような物なのでしょうか?

実験前の絵は?

今回の実験に参加したのは、鈴木奈々さん、保田圭さん、渡辺裕太さんの3名。

実験前にさんまさん、マツコデラックスさん、そして像の絵をかいて実験前の絵の腕前をチェックしました!

彼女たち3名が書いた絵がこちらです!

なかなか個性的な絵が揃いましたね!笑

絵が上手くなる方法として3目にはそれぞれ、以下の方法で実験を行いました!

果たして1週間で絵は上手くなる人はいたのでしょうか?



左手で絵を描き続けると上手くなる?

3名別々の実験が行われたのですが、その中でも鈴木奈々さんへ行われた左手で絵を描き続けるという方法が非常に注目を浴びていました。

左手で描くと感性を司る右脳が活性化し芸術に活かされるそうで、右脳は空間認知を司っており、その結果、描いた絵に遠近感やかげの表現が上手になるそうです!

はたして1週間後どの様な結果となっているのでしょうか?

結果は?

1週間左手のみで絵を描き続けた鈴木奈々さん!

最少はかなり苦労して絵を描いていましたが果たして1週間後に絵は上手くなっているのでしょうか?

1週間語に再度さんまさんの絵を描いた鈴木奈々さんですが、会場から非常に上手くなっていると感性が起きていました!

ちなみにこの時、鈴木奈々さんは左手で絵を描いたそうで、右を使ってもおそらくかけるのではと言われていましたが、戻る可能性もあるとの事です。

この方法で絵が上手くなった方は左で描き続ける方がいいのかもしれませんね!