12月5日に放送された笑ってコラえて。

今回の放送では博物館 網走監獄が紹介されています、

網走監獄とは一体どのような所なのでしょうか?

博物館 網走監獄とはどんな所?

博物館 網走監獄は現在も使用されている網走刑務所のすぐ近くにあり、明治から昭和にかけて実際に使用された刑務所を移築して作られた博物館の事です。

入館すると網走監獄には刑務所らしからぬ門があり、この門は囚人が作ったそうです。

実は門だけではなく建造物も囚人が作ったそうです。

さらに囚人たちは北海道の開拓も行っていたそうです、明治23年に1200人の囚人が網走へと送り、網走から北見峠の約160kmの中央道路の原生林の開削も行ったそうです。

当時完成まで3年はかかると言われていた道路ですが、真冬になったら作業が出来ないから急げという理由で僅か8ヶ月という短期間で完成し、この時返ってきた囚人は1000人を切っていたそうです。

それ程までに過酷な作業だったようですね。

その後、生き残った1000人は自分が暮らす監獄の建築に当たっていきます!