りーめろ先輩という愛称で知られる莉音さん!

現在21歳のモデルさんで、水曜日のダウンタウンの人気企画であるモンスターハウスに出演し注目を集めています。

そんな莉音さんですが、インターネットで検索すると「莉音 歯」というキーワードが浮上します。

莉音さんの歯がどうしたのでしょうか?もしかして整形疑惑??

莉音さんの歯に関して調べてみました!



莉音さんのプロフィール

氏名:莉音
別名義:向山 莉帆
愛称:りーめろ先輩
生年月日:1997年7月27日
年齢:21歳
出身地:埼玉県
血液型:AB型
職業:タレント、モデル、女優

学生時代に読者モデルとして非常に注目を集めていた莉音さん。

その注目度は高く高校時代にはTwitterのフォロワー数が8万人以上もいたそうなんです。

ちなみにこの時は本名で活動されており、向山莉帆(むかいやまりほ)さんと仰るそうです。

その後、プロのモデルを目指し、2015年夏に行われたエイベックスのグラビアオーディションに出場し、グランプリを受賞。

本格的に芸能活動を行う事をきっかけに「莉音」という芸名で活動を始めました。

2016年1月のナカイの窓でテレビ初出演し、現在は水曜日のダウンタウンの規格であるモンスターハウスに登場し注目を集めているモデルさんです。



「莉音 歯」のキーボードの理由は?

現在大活躍中の莉音さんですが、彼女の事をインターネットで調べようとすると「莉音 歯」というキーワードが出現します。

このキーボード、一体何を意味しているのでしょうか?

何点か考えられる理由があったので記載してい行きます。

整形疑惑?

まず最も最初に浮かぶのは整形疑惑!

写真を見て解るように非常にかわいい莉音さんです。

これだけ整った顔立ちだと「整形してるんじゃ?」と考える人が居ても全く不思議はないように思います。

という事は、「歯の形が不自然」「以前見た時と歯の形が違う」という理由で整形疑惑が落ち上がり、「莉音 歯」というキーワードが発生したのでしょうか?

しかし、現在までに莉音が整形を行っているという証拠は無く、高校生の時から顔が大きく変わっていないようなので、整形はあまりなさそう。

そもそも目や鼻なら解りますが、歯というワードから整形に繋がるのもなかなか難しそうですよね。

整形を行っているという真偽は解りませんが「莉音 歯」というキーワードは莉音さんの整形を示すようなキーワードではなさそうですね。

歯並びがイイ

次に単純に歯並びがイイという理由が考えられます!

これは十分考えられそう!

しかし、莉音さんがTwitter上に投稿している写真って口を閉じている写真がかなり多いんですよね。

歯並びに関する情報も乏しく、テレビを見た人が「莉音さんって歯並びイイね」と感じてこの様なキーワードが生じた可能性もありますが、絶対そうだと言えるような情報はありませんでした。

「莉音 がん」というキーワードと関係

最も可能性があると思うのが「莉音 がん」というキーワードとの関連です。

実は莉音さんをインターネットで調べると「莉音 歯」というキーワード以外にも「莉音 がん」というキーワードも浮上します。

「莉音 がん」というキーワードが発生した理由は以前24時間テレビで紹介された塩川利音くんという同名の男の子が横紋筋肉腫という悪性腫瘍をい患っていた為だと考えられます。

そして塩川利音くんが横紋筋肉腫と診断された理由は歯の痛みを感じた為だったそうなんです。

つまり、同名であった為に「莉音 がん」というキーワードが発生し、このがんという診断の原因となったのが歯の痛みであった為、関連して「莉音 歯」というキーワードが発生したのではないでしょうか?

個人的にはこの可能性が最も高そうだなと感じます。

「莉音 がん」というキーワードに関する情報も記載していますので気になる方はこちらも見てみて下さい!
⇒莉音(りーめろ先輩)ががんって本当?噂の真相は?

「莉音 歯」のキーボードが発生した理由をまとめると?

今回は「莉音 歯」というキーワードが発生した理由について調べてみました。

整形疑惑や歯並びがイイなど様々な理由が考えられますが、どれも確証を持てるような物はありませんでした。

しかし、その中で最も可能性が高いと感じたのが「莉音 がん」というキーワードとの関連性です。

同名である利音くんの横紋筋肉腫が原因で生じたと思われる「莉音 がん」というキーワードですが、横紋筋肉腫の発見の原因となったのが歯の痛みなので結果として「莉音 歯」というキーワードが発生したのではないでしょうか?

もちろんこの情報も確証はありませんが、可能性としては最も高いと個人的には思っています。

もしたら今後ハッキリした事が解る時があるかもしれませんね。

その時が来るのを期待して待っていましょう!