名医のThe太鼓判で紹介!トマトに含まれるリコピンの正しい取り方は?1月21日放送

1月21日に放送された名医のThe太鼓判。

今回の放送でトマトに含まれるリコピンの正しい取り方が紹介されています。

一体どのような方法なのでしょうか?



リコピンの正しい取り方は?

トマトの中に含まれているリコピンは非常に強力な抗酸化作用がある物質であり、アンチエイジングやがんの予防などに期待でき、免疫力を上げることにも繋がります。

この理由は、リコピンが体の老化を促す活性酸素や悪玉コレステロールを抑え、血液をサラサラにすることで免疫機能がアップすると言われている為です。

ただしトマトは間違ってしまう食べ方をするとリコピンの摂取量が減少してしまうそうです。

ではトマトの正しい食べ方とはどのような方法なのでしょうか?

その方法とは「温めて食べる」というものです。

トマトに含まれているリコピンは細胞壁によって守られており、常温で食べてしまうと細胞壁に守られたリコピンを十分吸収することができません。

しかし熱を通すことにより細胞壁が壊れるためリコピンは吸収しやすくなります。

熱処理をすることで、生で食べるよりも3倍リコピンの吸収率がアップするそうです。

またリコピンは脂に溶ける性質がある為、油と一緒に食べることでリコピンの吸収率がさらにアップするそうです。