トレース科捜研の男で使用されたジーンズの指紋とは?1月21日放送

1月21日に放送されトレース科捜研の男、第3話。

今回の放送で、過去の事件を調べるため、ジーンズの指紋を調べるという操作方法が行われていました。

この操作方法やジーンズの指紋とは一体何なのでしょうか・



ジーンズの指紋とは?

ジーンズの指紋とは「ジーンズ自体が持つ指紋のようなもの」。

ジーンズの外側や裾などバーコードのようなかすれがあります。

ジーンズの生地は固く少しずつ手で欲しながらミシンをかけるため独特の凹凸が縫い目の部分に所持ます。

この凹凸は人間の指紋のようにジーンズに特有のものであり二つとして同じものは存在しません。

その為、この部分が一致すると証拠として使用できるという訳です。

あまり広くが使われて以内鑑定方法ですが、FBIの科学捜査チームが実証済みの方法だそうです。

この方法を用いて主人公である真野礼二は過去の犯罪を暴いていました。