1月22日に放送されたザ!世界仰天ニュース。

今回の放送では人との外食に恐怖を覚える会食恐怖症について放送されています。。

この会食恐怖症とはどのようなものなのでしょうか?



会食恐怖症とは?

当時長野県の大学に通っていたるのさん。

彼氏とのデート中突然「食べるの遅い」とを言われました。

実はこの子さんは親知らずを抜いたばかりで歯が痛く食べるスピードが遅くなっていました。

しかし元々少食で食べることが遅いるのさんは無理やり食事を詰め込んだのですが胃に不快感を覚えます。

家に帰ったらのさんは彼氏に言われた言葉が頭から離れませんでした。

そしてこれが彼女を苦しめる恐怖症のきっかけとなりました。

それ以来彼氏とレストランに入ると彼女は「早く食べなきゃ」と緊張してしまうようになります。

しかし当時付き合ってた彼氏はかなり早く食事が食べ終わるため、食事を残すことにしました。

しかし今度は彼氏に「残すともったいない」と言われこの言葉がプレッシャーとなります。

彼氏を嫌いになったわけではないのですが、彼氏との食事はプレッシャーとなっていき、強烈な吐き気などを催すようになります。

実はこの時、彼女はある恐怖症に陥っていました。

その恐怖症こそ会食恐怖症です。

会食恐怖症とは人と食事をすると緊張感が高まり吐き気やめまいなどの症状が出る心の病です。

その原因は人によって様々でありるのさんの場合は相手を待たせたくないと強く思うため、人と食事をすると強烈な吐き気を覚える様で、この恐怖症に悩む人は少なくないそうです



会食恐怖症を克服する方法は?

会食恐怖症を克服する方法は二通りで、薬で不安を抑える薬物療法と会食を経験しなれる認知行動療法があります。

しかし会食はこの恐怖症を患っている患者さんにとって簡単ではないため、まず薬で不安を抑えつつ緊張しない相手との会食から慣らしていくように治療を行うそうです。

実際にこの症状に苦しんでいるるのさんは、病院で処方された薬により吐き気や不安などがなくなり症状が改善されているそうです。

この症状に悩まされている人は病院で一度相談してみましょう。