1月22日に放送されたザ!世界仰天ニュース。

今回の放送では過敏性腸症候群(IBS)について放送されています。。

この過敏性腸症候群(IBS)とはどのようなものなのでしょうか?



過敏性腸症候群(IBS)とは?

過敏性腸症候群とは別名 IBS といい検査で異常がないにも関わらず下痢、便秘、腹痛、腹部膨満感などの症状が長時間持続する疾患です。

軽い症状を入れれば日本人の約10人に1人がこの病気だと言われています。

症状から下痢型、便秘型、下痢と便秘を催す混合型に分かれています。

IBS を発症する原因は腸の粘膜にセロトニンという消化管ホルモンがあるのですがセロトニンが多いと下痢少ないと便秘になり、このセロトニンの量が IBS の重要な原因となります。

またもう一つの原因としてストレスが考えられます。

ストレスによる不安や緊張が中枢神経から腸の迷走神経に触ることで腸の動きが活発になり腹痛や下痢となります。

さらに睡眠時間が短いなども過敏性腸症候群の原因と考えられています。



過敏性腸症候群(IBS)の治療方法は?

現在ではセロトニンの量をコントロールする薬が開発され症状を抑えられるようになっています。

さらに現在ではこの症状に悩む人たちが交流会を行っているそうです。

校友会に参加した人たちは自分が一人で悩んでいるのではなく同じように悩んでいる人に出会うことで勇気をもらっているそうです。