1月30日に放送された新!お茶の間の真実。

今回の放送で人は炭水化物では太らないという話が紹介されていました。

この話は本当なのでしょうか?



人は炭水化物で太らないというのは本当?

人は炭水化物で太らないという話をしていたのは長嶋一茂さん!

彼の話によればダイエットに関しては人の体質は6パターンによって別れるようで、実はたくさん食べて代謝を上げた方が減るという人もいるし、それ以外にも食べない方がいいという人も、お酒のお酒を飲んでも大丈夫という人、そして炭水化物を摂った方が痩せるという人もいるそうです。

長嶋一茂さんのこの話に肥満の専門医の回答は以下のようなものでした。

人には23000個の遺伝子があり多くが代謝に関係している遺伝子であり多くが代謝に関係している遺伝子です。

そしてこの遺伝子によって体質は変わっているそうで、炭水化物を食べた時に体重が増えやすい人体重が増えにくい人もいるそうです。

ダイエットには自分の持っている遺伝子が関係するそうで、自分がどのタイプの遺伝子を持っているのかは遺伝子検査などで調べることが可能だそうです。

興味がある人は一度調べてみるといいかもしれませんね!