沸騰ワード10で登場!加計呂麻島に引っ越した絵描き、ちゃずさんのプロフィールは?2月8日放送。

2月8日に放送された沸騰ワード10。

今回の放送では加計呂麻島が特集されており、この島に去年3月に引っ越してきた絵描き、ちゃずさんが登場しています。

このちゃずさんですが、少し変わった人生を歩んでいるそうなのですが、どの様な物なのでしょうか?

イラストレーターちゃずさんのプロフィールを紹介したいと思います。



ちゃずさんのプロフィールは?

公式ホームページによるとちゃずさんは1991年に東京でうまれたそうで、現在は絵描きとして加計呂麻島で生活しています。

彼女は19歳の時にひとりで西日本を電車で横断しする旅にでて、その時から至る場所に行っては絵本や」マンガを描くようになったそうです。

その後2010年に日本大学芸術学部デザイン学科に入学が中退してしまったそうです。

中退理由に関しては不明ですが、公式ホームページには「家が色々と大変な事になり」と記載があります。

一体何があったのでしょうか?

そして、翌2011年よりアルバイトをしながら生活し、作品を持ち込み絵で食べて行く為に営業を始めたそうです。

それからは絵描きとして順調に成長されている様で、複数の映画やコンサートなどのイベントで作画を担当しています。

そんな彼女が加計呂麻島に引っ越してきたのが2018年。

実は彼女は結婚しているそうなんですが、1年間だけ夫婦別居生活を送っているそうです。

夫と別居し加計呂麻島に!

ちゃずさんが旦那さんと別居し加計呂麻島に引っ越したのは何も夫婦仲が悪いからではないようです。

どうやらちゃずさん夫妻は2人とも住みたい地域が真逆で、ちゃずさんは田舎に、旦那さんは都会に住む事を希望しているようで、その結果、1年間だけ2人とも別々の場所で生活する事にしたようです。

彼女のツイッターにはその時に状況が報告されています。

その経験を彼女は本にしているようです。

現在加計呂麻島で2LDKの借家に住んで居る彼女ですが、この家は周囲の小学生のたまり場になっており、子供たちが楽しそうに絵を描いている様子が放映されていました!

今後、彼女がどの様な活躍をして行くのか注目ですね!