2月9日に放送されたジョブチューン。

今回の放送では血管年齢が若返る食べ物について紹介されていました。

ある食べ物を1週間食べ続けた結果、7人中6人血管年齢が若返ったそうです。

この食べ物とは一体何のでしょうか?



血管年齢が若返る食べ物とは?

年間60万人もの人が命を落とすと言われている突然死。

寒暖差が激しいこの時期には突然死の危険性が高くなります。

そんな突然死を招く大きな要因が血管の老化です。

突然死の約6割を占めるのは心筋梗塞など心臓の病気です。

そのリスクを減らすには動脈硬化の進行を抑えることが重要です。

そのために知っておくことが血管年齢。

血管年齢と血管の老化度を表す数字であり、そもそもに血管は年齢とともに硬くなっていく性質があり20代の血管は弾力があり柔らかくしなやかですが70代以上の血管は硬くてもろくなってしまいます。

その為、血管年齢が高いほど動脈硬化のリスクも高くなります

そこで血管年齢を若返らし、突然死を減らす食べ物として紹介された食べ物がブルーチーズ!

血管年齢を若返らせるには血液中の一酸化窒素を増やせば良いと言われています

一酸化窒素は血管を柔らかくし広げる効果があり、その結果血管が血流が良くなり老廃物がつきにくくなります

一酸化窒素を増やすにはLTP(ラクトトリペプチド)を取ることが重要です。

今回紹介されたブルーチーズにはLTPが多く含まれており、30g程度食べる事で1日に必要な摂取量が取れるそうです。

ブルーチーズがやや苦手な人はチェダーチーズでも同様の量が含まれているそうなので、こちらのチーズでもOK!

この食材を1週間食べ続けた人達は劇的に血管年齢が若返っていました。

血管を若返らせる血管マッサージとは?

今回、食べ物以外に血管を若返らせる方法として血管マッサージが紹介されていました。

その方法がこちら

➀:左手を鎖骨下の右胸に当てる
➁:手の平で胸の筋肉を上下左右にもみほぐす
➂:この動作を1分間行い、次に右手で左胸を1分間行います
➃:腕の内側 手首から肘にかけてイタ気持ち良い強さで揉む
➄:左右両方の腕を1分間行います

以上です。

このマッサージでは外部から刺激を与える事で一酸化窒素が発生し、血管に効果的なんだそうです。