2月12日に放送された仰天ニュース。

今回の放送はアレルギー特集。

その一つとして顔が崩れる恐怖のアレルギーが紹介されていました。

いったいこのアレルギーはどのようなものなのでしょうか?



顔が崩れる恐怖のアレルギー、ジアミンアレルギーとは?

今回紹介された顔が崩れる恐怖のアレルギー、その原因となったのはジアミンアレルギーです。

ジアミンとは髪の染料として含まれている成分であり、分子が細かく髪の内部まで浸透するので色持ちが良く多くのカラーリング剤に使用されている化学成分です。

これが皮膚に触れるとアレルギー性接触皮膚炎起こし、かぶれのような症状を起こす人がいます。

この皮膚炎が原因で顔が崩れてしまったそうです。

今回顔が腫れ上がってしまった女性もアレルギーを起こすのに髪を染めていました。

しかし今回紹介された方は事前にパッチテストを行っていました。

なのになぜアレルギーが発症してしまったのでしょうか?

この原因は時間です。

彼女はパッチテスト開始から30分後に特に問題ないと判断しテスト用の液を引き取ってしまいました。

しかしジアミンアレルギーは遅発性で現れる場合があり、大体24時間から72時間後に症状が現れるといいます。

彼女も顔の腫れが出たのは染めてから二日後のことです。

ヘアカラーは染める前に必ずパッチテストを行い30分くらいおよび48時間後に異常がないか確認するよう注意書きがされています。

今回このジアミンアレルギーで顔が腫れてしまった彼女は、腫れが引くまで相当の時間がかかったようです。

これまで大丈夫だったというイランは絶対に禁物です!