チコちゃんに叱られるで紹介!なぜ失恋すると胸が痛くなる?2月15日放送。

2月15日に放送されたチコちゃんに叱られる!

今回の放送では失恋する胸が痛くなる理由が解説されています。

一体なぜ失恋すると胸が痛くなるのでしょうか?



失恋によって胸が痛む理由は?

チコちゃんがこの理由を解説していました!

その理由はなんと本当に胸が痛いから!

失恋の胸の痛みとは人間が生まれながらにして持っている子孫繁栄のためのメカニズムです。

恋愛感情は元々人るが誕生した頃から備わっているとされており、しかし現在の様に「好き」「愛している」などではなく、強く健康な子孫を残す為の相手探しが目的です。

相手を探している時には、人の身体は狩りと同じような状態になっているんだそうです。

狩りで獲物を取られる時、人間の身体にはステロイドというホルモンが大量分泌され、戦闘態勢を整えます。

実は恋愛の時もこのステロイドが大量に出ているんだそうです。

ステロイドとは腎臓の上にある副腎の副腎皮質という部位から分泌されるホルモンであり、人の交感神経を刺激し興奮状態にします。

しかし、ステロイドが分泌されると血圧の上昇や心拍数の増加など人の心臓に負担をかけてしまいます。

心臓の負担が痛みのような感覚として現れるのですが、恋をしている時は興奮状態の為、この痛みに気付きにくいんだそうです。

痛みの原因だったステロイドは恋が成就するとその分泌を終了し、興奮状態がおさまります。

しかし、恋愛は意中の相手を射止められとは限りません。

失恋ですね。

失恋をしてしまうとステロイドは分泌されるのですが、興奮状態は治まってしまう為、胸の痛みに気付くという訳です。

これが失恋で胸が痛むメカニズムです。



ステロイド以外のホルモンが関係している場合も?

失恋の胸の痛みにはステロイド以外のホルモンが関係している場合もあります。

それが失恋の時に起こる心臓発作、たこつぼ心筋症です。

失恋した時胸が痛くなる原因には軽い心臓発作もあるようで、感情的な出来事が原因で、カテコールアミンという物質が急に過剰に分泌されます。

たこつぼ心筋症とはカテコールアミンというホルモンが大量に分泌される事で起こる心臓発作です。

発症した時の心臓の形がたこを捕まえる壺であるたこつぼに似ていたことにより、この様に呼ばれるようになりました。

通常心臓の動きは全体が収縮を繰り返すのですが、たこつぼ心筋症の場合は心臓先端が動かなくなるように心臓発作が起きています。

これが失恋すると胸が痛くなる原因の1つと考えられています。

詳細なこ事は解っていませんが、そのままでも1~2週間で完全に回復するようなので大きな心配はいらないようです。