2月15日に放送されたチコちゃんに叱られる!

今回の放送では顔は覚えているのに名前を思い出せない原因が紹介されています。

一体なぜ顔は覚えているのに名前を思い出せないのでしょうか?



顔は覚えているのに名前を思い出せない原因は?

チコちゃんがこの理由を解説していました!

顔は覚えているのに名前を思い出せない原因は顔と名前は脳の別々の場所で覚えられているからです。

顔は右脳にある側頭葉という部分の最も深い部分、顔認知センターとうい場所で思えられ、ここには顔認知細胞という顔だけを覚える特別な細胞が密集しています。

顔認知センターは顔に反応し、目、鼻、口の特徴から顔を覚えていきます。

その間、わずか0.15秒ほどで、まちなかですれ違った人でも思える程、記憶能力が凄まじいです。

そして、人間は顔にスゴク敏感なので3つ「点」があると顔と考えてしまうそうです。

つまり人間の顔でなくても顔と認識してしまいます。

シミや木の枝が人の顔に見える事があるのはこの為です。

一方名前を記憶するのは左脳にある側頭葉で名前に限らず言葉全部を記憶する部分の為、顔のように全ての人物を覚える事ができません。

さらに、年齢を重ねると記憶する量が増えていきますので、人の顔の記憶量と名前の記憶量には落差が生じてしまい、その結果、顔は覚えているのに人の名前を思い出せなくなるそうです。



解決策は?

いままで見てきたように人の名前を覚える能力には限界がある為、年齢を重ねると名前を思い出せず、顔は解るのに名前が思い出せないという事態に陥ります。

しかし、この状態を防ぐ方法が紹介されています。

その方法とはエピソードを作るという方法です。

人は見覚えのある顔を見ると大脳皮質からその顔に関するエピソードを探し出そうとします。

そして、そのエピソードに関係した人の顔を思い出そうとするそうです。

つまり、エピソードは顔と名前を紐づけるのには非常に重要なファクターとなっています。

この方法によって、銀座のスナックのママは3000人の顔と名前を憶えているそうです。

このままはシャッター法という相手の胸元に名刺をかざし、頭の中で写真を撮るように覚えるという方法です。

この時、重要なのは笑顔!

相手が笑顔になる事で、その人との楽しかったエピソードとして覚えられるそうで、とても重要なんだそうです。