チコちゃんに叱られるで紹介!なぜ2月は28日しかないの?2月15日放送。

2月15日に放送されたチコちゃんに叱られる!

今回の放送ではなぜ2月は28日しかないのか紹介されています。

一体この理由は何のでしょうか?



2月は28日までしかない理由は?

チコちゃんがこの理由を解説していました!

2月は28日までしか無い理由は、1年の始まりが3月1日だった為です。

現在の暦の元になっているのは約2800万年前に古代ローマで使用されていたロムルス歴。

当時の暦は農作業の予定に合わせて作られていた為、冬の間は休みで現在の1~2月に当たる部分は休みで空白の期間となっていました。

つまり1年の始まりを現在の3月として、何もしない1~2月を省き、1年を10ヶ月としていました。

しかし、この暦には1年の2ヶ月間は暦を数えていない為、1年の始まりが何時なのか解らなくなってしまったそうです。

その為、周囲の人が種まきを始めた時期を3月1日となんとなく決めていたそうです。

だが、このままではあまりにも適当すぎるという事で、2代目ロ―マ国王・ヌマは1月2月を足し、1年を12ヶ月355日とするヌマ歴をつくりました。

この時、月の満ち欠けを基準に暦を作成したそうです。

月の満ち欠けに必要な日数は約30日であったのですが、古代ローマでは偶数は不幸を呼ぶ数字とされており、その為、31日、29日という奇数を各月に振り分けました。

その結果、2月にはあまった28日が仕方なくあてはめられました。

これが2月だけは28日となった始まりですが、この時の2月は12番目の月でした。

古代ローマ人は寒い時期は活動を行わず、3月1日から戦争などの行動を起こしていました。

しかし、ある時からこの習慣を利用し、寒い時期である1月より戦争を始めると有利に働くのでは?と考え、その結果、1月から戦争を始めるという理由から1月を1年の始まりとし、結果的に2月は1年で2番目の季節に繰り上がったのです。



2月が28日のままなのか?

当時のローマの暦は1年が355日とすると季節がずれる為、2年に1回、2月が22日とするうるう年で帳尻を合わせていました。

しかし、度重なる戦争の為、うるう年が忘れられ、その状態が600年続いた結果、暦が90日間もずれてしまい、ローマ人が8月と思っていた時期が11月でした。

その為、1年が365日とするユリウス歴を考案し、2月以外には1日足す事で30日もしくは31日とし、2月はそのまま28日としました。

2月23日はローマ人にとってとても大切なテルミナリアの日とされており、当時ローマ人はこの日を次の3月1日からさかのぼって7番目の日と呼んでいました、

その為、2月に日にちを足すとこの呼び方が変わってしまう為、2月の日数は28日のままとしたのです。