チコちゃんに叱られるで紹介!なぜニワトリは首を前後に振りながら歩く?2月22日放送。

2月22日に放送されたチコちゃんに叱られる。

今回の放送ではなぜニワトリは首を振りながら歩くのか紹介されていまいた。

一体なぜでしょうか?



ニワトリは首を振りながら歩く理由はなぜ?

チコちゃんは知っていました。

鶏が首を前後に振りながら歩いているのは目が横についているためです。

人間の目は前向きについており、眼球を動かすことにより周囲を見渡すことができるのですが、鶏の目は横についており眼球を動かすことができません。

実際にレア鳥が動いている様子に注目すると

➀:首を伸ばして頭の位置を止める
➁:その後頭を止めたまま体だけ歩く

という動作を繰り返していることがわかりました。

この動きは頭・目の位置を静止する動きと前進するという動きを繰り返しているためこの様な動きになるんです。

ニワトリの目は横に付いており眼球をあまり動かせないため、普通に歩くと視界が流れて周囲の映像が非常に見づらくなります。

そのためパントマイムのように頭を止めながら歩くことにより流れる景色を静止画のように見ているのです。

鶏の祖先は地上を歩き餌を探す習慣がありました。

そのため空や地上など様々な方向からいろいろな外敵が襲ってき、野を広く持つことが重要になり、目が横についています。

しかし、目が横についた結果、視野が広がりましたが、視界が流れ逆にエサを見つけにくくなってしまいました。

そのため生きていくために頭を止めながら歩く方法が必要だったのです。