チコちゃんに叱られるで紹介!卒業式で第二ボタンをあげる理由は?3月8日放送

3月8日に放送されたチコちゃんに叱られる。

今回の放送では卒業式で第二ボタンをあげる理由が紹介されています。

この理由は一体なぜなのでしょうか?



卒業式で第二ボタンをあげる理由は?

卒業式で第二ボタンをあげる理由は一体何なのでしょうか?

この理由は第一ボタンをあげると怒られるから。

そもそも卒業式で第二ボタンをあげる風習は高校の先生が広めました。

戦後まもない1950年ごろに高校の先生方があつまり講習会が開かれ、そこで校長先生が教え子のエピソードを話したのが最初とされています。

このエピソードとは絶対に許される事の無い禁断の恋をした学生のお話しです。

戦争真っただ中、夫の帰りを待つお嫁さん。

この夫には弟がおり、この弟は兄のお嫁さんの事が好きでした。

しかし、兄のお嫁さんをという相手に思いを打ち明ける訳にはいきません・・・

その後、戦争が激化し、まだ学生であった弟も戦争へ兵士として赴く事に。

そして出発の朝、物資の不足により、軍服ではなく学生服で入隊します。

兄のお嫁さんに出発の挨拶をする弟ですが、この時に思いを打ち明ける代わりに自分の制服の第二ボタンを渡し、大切にするように託しました。

このエピソードが卒業式で第二ボタンを渡す風習のきっかけとなったのです。



第二ボタンだった理由は?

では、何故第二ボタンだったんでしょうか?

第一や第五ボタンを取ってしまった場合、シャツが見えてしまいだらしなく映ってしまい、上官に怒られてしまいます。

さらに服の構造上、第三ボタンを第四ボタンは体と密着しており、このボタンを外すとかなりだらしなくなってしまいます。

その為、第二ボタンを外しても服装の乱れが目立た無い為、このボタンを渡す事になりました。

さらに第二ボタンは心臓に近い部分にあるという理由もあるようです。