3月9日に放送された世界一受けたい授業。

今回の放送では便秘改善の新キーワードである酪酸菌が紹介されています。

この酪酸菌とは一体どのような物なのでしょうか?



便秘改善の新キーワード酪酸菌とは?

春は新生活に不安を覚え、ストレスから便秘になりやすい時期です。

たかが便秘と侮っていると、この便秘によって腸閉塞などの病気に繋がってしまう事もあるようです。

この便秘に効果的な食材として紹介されたのがキウイ。

キウイを食べる事で便秘が解消されるそうです。

そして今回、便秘の改善キーワードとして新たに紹介されているのが酪酸菌。

元々酪酸菌は子供の頃から皆さん持っており、健康長寿の方の多くはこの酪酸菌をたくさんもっているそうです。

腸内の物質は蠕動運動によって排便に繋がっていくのですが、この蠕動運動を行うエネルギーは酪酸菌が生成するのが酪酸によって行われるんです。

つまり酪酸を増やせば大腸の動きが活発になり、快便へと繋がる訳です。

この酪酸を増やす食材として紹介されているのが、ニンニクやゴボウなど。

さらに酪酸が増える事で花粉症などのアレルギー解消も期待できます。

ニンニクやゴボウを積極的に摂取し、酪酸を増やしましょう!