3月11日に放送された名医のTHE太鼓判。

今回の放送内容は肉ダイエット。

そんな中紹介されたのが栄養素を無駄にしない絶品ハンバーグのレシピ!

このレシピを振り返って美味しく肉ダイエットを行いましょう!



栄養素を無駄にしない絶品ハンバーグのレシピは?

栄養素を無駄にしない栄養満点ハンバーグの作り方がこちら!

タマネギは生のまま入れる

タマネギにはアリシンと呼ばれる辛味成分があり、この成分は血流の改善や血糖値の上昇を抑制します。

この栄養素を無駄にしない為には

なまのタマネギに含まれるアリシンと豚肉に豊富に含まれているビタミンB1を同時に摂取する事でビタミンB1の吸収量が上がり、その上昇値は約10倍!

タマネギに含まれるアリシンは加熱する事でその効果を失うのですが、一度ビタミンB1と合わさる事で熱にも強くなり、加熱しても効果は保たれます。

その為、生のタマネギと豚肉を合わせてからタネを作る事がおススメです!

ちなみにみじん切りの方法はどの様な方法を使用してもOKです!

焼き方のコツは弱火で調理

実はハンバーグの肉汁にも栄養素は含まれており、この肉汁を閉じ込める事でより栄養価の高いハンバーグになります。

その為、低温で調理する事がおススメです!

また、肉汁をハンバーグに閉じ込める事で食べた時に口の中に肉汁が出る大変美味しいハンバーグとなりますので、焼き方は弱火で行いましょう!

弱火の調理方法はこちら!

➀:冷めたフライパンから弱火で焼く
➁:下半分白くなったら裏返す
➂:弱火のまま10分ほど焼いて完成

また、ハンバーグは肉料理である為、しっかりと火が通っていないと食中毒の原因となってしまいます。

その為、焼け方具合の確認として串を刺してみましょう!

この時、透明の肉汁が出てきたら火が通っているサインです。

もし赤目の肉汁が出てきたら火が通っていないサインですので注意しましょう!

栄養のバランスの決め手はソース

栄養の決め手として紹介されたのソース。

照り焼きソースは糖質がかなり多いので、糖質が気になる方は大根おろしソースやオニオンソースがおススメとなっています。