3月12日に放送されたマツコの知らない世界。

今回の放送では「昭和家電の世界」が放送され、冨永潤さんという方が登場しています。

この冨永潤さんですが一体どのような方なのでしょうか?



冨永潤さんのプロフィールは?

番組内で昭和家電に7000万円使い、さらに昭和家電をおバカで愛くるしいと称している冨永潤さん。

一体どのような方なのか調べた所、「昭和ハウス」という店舗の館長さんのようです。

そんな冨永潤さんのプロフィールがこちら!

氏名:冨永潤
出身:三重県伊賀市
生年月日:1969年5月
出身中学:伊賀市立崇広中学校
出身高校:三重県立上野工業高校・建築科

三重県伊賀市で誕生した冨永潤さん。

彼は幼い頃か様々な物を収取する事に情熱を持っていたそうで、昭和懐かしいギザ10をはじめ、穴が無い5円や50円玉、さらには切手や牛乳瓶の蓋なんかも集めていたそうです。

年齢を重ねても収集癖は治らないどころかさらにレベルアップし、缶ジュースなども集めたそうです。

そんな彼が家電を集め始めたのは30代の頃。

当時、家によく合った掛け時計がきっかけとなり、様々な昭和家電を集めるようになり、番組内ではその額7000万円と放送していたので驚きですよね!

そんな収集癖のかいなのでしょうか?

現在は「昭和ハウス」という昔懐かしい物品を展示している館長をしているそうです。

冨永潤さんが館長を務める昭和ハウスとは?

先ほどもお話ししたように昭和ハウスとは冨永潤さんが館長を務める昭和の物品がコレクションされ、展示されている施設であり、映画やテレビドラマ、さらにはCMなどに昭和の家電をリース(貸出)してくれるお店でもあるんだそうです。

このリースは個人でも行えるんだとか!

さらには昔懐かしい駄菓子店や昭和の体験が行えるブースもあり、レンタルだけではなく、様々な面で楽しめる施設です。

ちなみに金は、体験料金は最初の30分が1,000円、以降30分延長ごとに500円の追加料金となっています。



昭和ハウスは様々なメディアに登場?

今回のマツコの知らない世界以外にも昭和ハウスは様々な番組で紹介されているようで、かなりメディアに登場しています。

さらには、YouTubeでも「ザ・昭和レトロチャンネル」として登場しています。

これだけメディアに登場しているのでかなり有名になっていそうですね!

さらに今回のマツコの知らない世界でその知名度は跳ね上がりそう!

是非行ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

昭和ハウスの場所はどこ?

そんな昭和ハウスの詳細な場所がこちら!

住所:三重県伊賀市上野下幸阿智1240-2

伊賀鉄道西大手駅を下車し、徒歩5分くらいの場所に存在するようです。

さらに少ないですが、駐車場も3台分完備しています。

今回の放送でかなり人が訪れると予想されるので、電車の方が駐車場にこまらず行けそうですね!

興味がある方は是非一度いかれてみては如何でしょうか?