梅雨入り2019年予想!沖縄の梅雨入りはいつ?ゴールデンウィークに旅行は出来るの??

日本のリゾート地として有名な沖縄!

最南端に位置し、最も早く梅雨入りし梅雨が明ける地区です。

2019年の梅雨入りや梅雨明けはいったい一体いつごろになるのでしょうか?

はたしてゴールデンウィークに沖縄旅行は可能なのでしょうか?



2019 沖縄の梅雨入りはいつ?


2019年の沖縄の梅雨入りは何時ごろになるのでしょうか?

過去のデータを元に予想してみましょう!

今回参考にした記録は気象庁より発表しているデーターを元に考えています!

さて、現在気象庁から発表されているデータによると1951年~2018年の沖縄の梅雨入りは4月20日~6月1日の間。

時期的に約1ヶ月の幅がありますね。

しかし、この期間中沖縄が梅雨入りしたのは大半が5月中となっており、さらに半数以上が5月15日以前となっています!

さらに、気象庁が発表している10年間の平均値(ここでは梅雨入りした日付)である平年値は5月9日となっています。

この点から考えて2019年の沖縄の梅雨入り時期は5月9日~5月15日の間ではと予想されます。

2019 沖縄の梅雨明けはいつごろ?


次に沖縄の梅雨明けの時期を考えてみましょう。

こちらも気象庁のデータより予想してみたいと思います!

現在発表されている気象庁のデータによると沖縄の梅雨明けの時期は6月9日~7月6日ごろまで。

こちらも梅雨入り同様約1ヶ月の開きがあります。

しかし、沖縄の梅雨明けも梅雨入り同様に時期が偏っており、その期間は6月中に集中しています。

さらに細かく見ていくと6月15日以降がかなり多いです。

また、梅雨入り同様に平年値も発表され、その日にちは6月23日。

これらのデータより6月15日~6月23日ごろが2019年の沖縄の梅雨明けになると思われます。



沖縄の梅雨入り期間はどの位?


次に沖縄の梅雨入り期間がどの程度なのか考えてみましょう。

気象庁が発表しているデータから考察すると5月頭から中旬に梅雨入りし、6月中旬から末の間に梅雨が明けている年が多い事から沖縄の梅雨入り期間は1ヶ月~1ヶ月半となることが多いようです。

ただし、1954年、1962年、1982年、1995年などはかなり梅雨の時期が長かったようで、約2ヶ月続いた年もありました。

しかし、この様な年はかなり珍しい為、気象庁が発表しているデータを見ても数えるほどしか無いため、例年通り1ヶ月~1ヶ月半で梅雨が明けると可能性は高そうですね。

その為、2019年も例年通り、1ヶ月~1ヶ月半程度、梅雨の期間が続くと思われます。

沖縄の梅雨は関東とは別物?


梅雨と聞いてイメージするのはジトジトとして小降りの雨が長い間続き、その結果、湿度がかなり高くなる気象状況ですよね。

関東などではこの様な状態が梅雨として知られているのですがこの状態は沖縄にはあてはまらず、沖縄の梅雨はスコールのような雨となっています。

その為、たとえ梅雨と言っても晴れる日もあり、ずっと小降りの雨が降り続く様な天気ではないんです。

ゴールデンウィークに沖縄旅行は出来る?


今まで見てきた情報よりゴールデンウィークに沖縄旅行が出来るのか考えてみましょう!

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日の10連休!

これだけ連休が続けばどこかに旅行を考える人はかなり多いですよね。

さて、この期間ですが、沖縄の梅雨入り予想日よりもやや前になっていますので沖縄旅行は可能のように感じますが、予想日よりも梅雨入りという可能性も有り得ますよね。

その為、海などの屋外での活動をメインに沖縄に旅行を考えている場合はゴールデンウィークの旅行は避けた方が無難だと思います。

沖縄の梅雨はスコールの様な特徴を持っていますので運がよければ雨に合わずに旅行を終えることも出来る可能性はあるかもしれませんが、ややリスクも高いように感じます。

やはり沖縄への旅行は梅雨がほぼ確実に明けているであろう7月以降に行うのが最も良いと思います!



梅雨時期の沖縄旅行は得をする?


沖縄への旅行は7月以降が良いとお話しましたが、実は梅雨時期の方が得をする事も有るようです。

その項目とは以下の点です!

・ツアー料金が安い
・旅行客が少ない
・暑さをしのげる

沖縄は人気旅行地の為、ツアー料金は高い印象がありますよね。

特に梅雨明け後はほぼ晴天続きとなる事もあり夏料金となる為、その値段はさらに高くなります。

しかし、梅雨中はピーク時の価格と比較するとツアー料金も安い為、金銭的にはありがたい時期となっています。

さらに、この時期は梅雨を避ける為、沖縄に旅行をする人も少ないです。

人気旅行地となっている為、ピーク時にはたくさんの人が居る沖縄ですが、この時期なら人に悩まされずに観光地をめぐる事ができる可能性が高くなります。

また、梅雨中は気温も夏場のピーク時と比較し低い為7月や8月と比較すると過ごしやすくなっています。

梅雨時期の為、旅行の予定が狂う可能性もありますがこのデメリットを承知した上であえて梅雨中に沖縄旅行に行くのもアリかもしれません。

ただし、先程もお話したとおり、晴天の沖縄に旅行に行きたいのならその可能性が高い梅雨明けがおススメです!

沖縄の梅雨についてまとめると

今回は沖縄の梅雨について考えてみました。

予想となりますが、沖縄の梅雨入りと梅雨明けは以下の通りです。

梅雨入り:5月9日~5月15日
梅雨明け:6月15日~6月23日

気象状況の予想となっていますのでこの時期からづれる可能性もありますが、例年の状況から考えて大きく外れることはないのではと思います。

また、梅雨入り予想時期は2019年のゴールデンウィーク直後となっており、予想がづれるとゴールデンウィークに梅雨入りする可能性も有り得ます。

その為、予定通りの旅行を行いたい場合にはゴールデンウィークの沖縄旅行は避けた方が無難だと思われます。

ただい、梅雨中の沖縄旅行には

・ツアー料金が安い
・旅行客が少ない
・暑さをしのげる

といったメリットもありますので、デメリットを受け入れてあえて梅雨中に沖縄旅行に行くという選択もありではないでしょうか?

ただし、沖縄の梅雨はスコールのような雨という特徴がありますので、この雨によって旅行の日程がずれ込む可能性は十分に理解しておいて下さいね!!