仰天ニュースで紹介!希代の悪と呼ばれた羽賀研二の裏の顔とは?3月19日放送

3月19日に放送された仰天ニュース。

今回の放送では羽賀研二さんの裏の顔が紹介されています。

彼の裏の顔とは一体どの様な物だったのでしょうか?



羽賀研二さんの裏の顔とは?

2019年1月18日恐喝未遂で服役中だった元タレントである羽賀健二さんが出所間近で再び逮捕され話題となっていました。

芸能人として脚光を浴びた羽賀さんですが彼に約4億円を騙し取られた被害者は「騙しやすい人は恩人であっても騙したい」と彼のことを語っています。

4億円を騙し取られた被害者が羽賀さんと出会ったのは1994年、彼は33歳だった時です。

大阪で不動産会社を営んでいた彼に羽賀さんは積極的に接触したそうです。

当時羽賀さんは非常に誠実そうに見えたそうで、彼が仕事で大阪に来るたびに外食する中へと発展していきます。

そんな時彼は羽賀さんが多額の借金で苦しんでいることを知ります。

心配になり話を聞くと彼は土下座をしながらこう話したそうです!

「高い金利の借金を先になくして安い金利のとこだけにしたい。からお金を貸してもらえませんか?」

しかし、何故彼にこれほどの借金があったのでしょうか?

沖縄県で生まれた彼はアメリカ人を父に持ちますが、父はアメリカに帰国し貧しい幼少時代を過ごします。

その後、芸能界にスカウトされ初代いいとも青年隊を務めたことから大人気に。

彼自身事業を始め29歳の時に高級車のディーラーを行いましたが失敗し約2億円以上の借金を抱えてしまったのです。

男性は羽賀さんを信用し五千万円を貸しました。

そんな羽賀さんですが、当時多くの芸能人との噂がありプレイボーイと知られていました。

この時に交際が判明したのが梅宮アンナさんで、この報道によって羽賀さんの多額の借金も明るみになります。

「誠意」という言葉を強調する彼ですが、当時の事を梅宮アンナさんは「人たらし」と称していました。

その人に入り込んでいく話術と空気感を持っていた羽賀さんに対し、連帯保証人にまでなった梅宮アンナさんは羽賀さんの借金返済のためお金を貸してくれる所があると全国を飛び回りました。

さらにその後、衝撃的な事件が起こります。

羽賀さんは沖縄にレストラン、ブティック。美容室をオープンさせるのですが、3000万円が未払いの為オープンできないと梅宮アンナさんに話をしたのです。

当時の事を倒れそうと話しており、羽賀さんは「お金を出してくれる人を呼んでいる」、「アンナさんが借主になって」と話したそうです。

オープンを待つ客やメディアの存在にアンナさんは3000万円を借りることにしたそうです。

こうして何とか沖縄の店舗はオープンしたのですが、この時羽賀さんは他の女性と噂が絶えません。

さらに沖縄のお店は経営が悪化し、廃業に。

この当時、梅宮アンナさんの心も羽賀さんから離れていき、破局しました。

この事態に芸能界に居場所が無くなった彼はワンルームマンションに引越し、いつか周囲の人間を見返すと誓いました。

その後、ジュエリー会社と一緒に経営を行った彼は借金を返済していくのですが、この時、医療会社の上場を考えている男性と出会い、その人の話によると上場が決まれば株の価値が数十倍に跳ね上がるとか・・

この話に羽賀さんは大阪の不動産会社社長からお金を借り、株を購入することにします。

この時羽賀さんは社長に「1株100万円」と話していましたが、実は1株40万円で100株を購入していました。