イチローの愛犬 一弓の現在は?犬種、年齢、名前の由来など調査!!子供もいる??

メジャーリーガー イチロー選手がついに引退を発表されました。

50歳まで現役を期待していたファンの方たちをはじめ、多くの人達にショッキングな発表でしたよね。

そんな中開かれた引退会見。

イチロー選手のお話の中に彼の愛犬である「一弓」の名前が登場し、大きな注目を浴びています。

既に死去したとも考えられていた一弓ですが、無事生きていたようでホッとした人も多いのではないでしょうか?

そんなイチロー選手の愛犬 一弓について調べてみましょう!



一弓の名前の由来は?

イチロー選手の愛犬として今回注目を浴びている一弓。

この子の名前の由来はイチロー選手と婦人である弓子さんの名前からきています。

イチロー選手の本名は皆さんご存知の通り、鈴木一郎さんですよね。

その一郎の「一」と婦人である弓子さんの「弓」を合わせ「一弓」と名付けられたそうです。

そんな一弓が懸命に生きる姿に支えられていたと引退会見でお話していましたよね。

一弓の犬種は?

一弓の犬種についても会見で語られており、どうやら柴犬のようで、性別はオスだそうです。

柴犬はより詳細に分類するなら毛並みの色から「赤」「黒」「白」「胡麻色」と分けられており、一弓は赤色の柴犬に属します。

赤色と言っても実際に毛が赤いわけではなく、体の全体がキツネのような明るい茶色で、顔の頬の部分や目の周り、胸、耳やお腹など体の内側が白い個体が多いそうです。

さらに、柴犬の約8割がこの赤色に分類されています。

また、日本で大人気の柴犬ですが、実は海外でもかなり人気があるようです。

約20年くらい前から世界各国で日本文化の認知度が高った結果、日本国内で人気の高い柴犬も多くの方に知られることとなり、現在多くの国で柴犬が飼われているそうなんです。



一弓の現在の年齢は?

先程もお話したように一弓が懸命に生きる姿に支えられていたと会見で語っていたイチロー選手。

では、そんな一弓ですが一体現在何歳なのでしょうか?

一弓が生まれたのはイチロー選手が渡米する1年前の2001年です。

この1年後にイチロー選手はメジャーリーグに挑戦する為、海を渡ることになりました。

この時、婦人の弓子さんだけではなく一弓も一緒にアメリカに渡っており、現在も一緒に住んでいるようです。

そんな一弓ですが、2001年に生まれたわけですから今年18歳を迎える年齢となっています。

正確に現在は17歳と7ヶ月なんだそうです。

さて、皆さんもご存知の通り、犬は人間の4倍のスピードで老いて行くといわれており、一弓を人間の年齢に換算すると現在は80歳程度の老犬となります。

一弓の犬種は柴犬なんだそうですが、柴犬の寿命は12歳~15歳といわれている事を考えるとかなり長寿の犬となりますよね。

この年齢で懸命に生きている姿を見てイチロー選手は毎日を頑張ってたんですね。

一弓には子供がいる?

イチロー選手の愛犬である一弓。

実は一弓には子供がいるそうなんです。

そしてそのうち1匹は現在イチロー選手と生活しているとか!

一弓は5匹の子供のお父さんであり、その長男が宗朗(ムネロー)と名付けられ、現在一弓と共にイチロー選手と生活しています。

ちなみに宗朗(ムネロー)は現在5歳だそうで、イチロー選手がヤンキースに所属しているときから飼っているようです。

また、他の4匹はアメリカ在住の日本人に引き取られているそうで。



イチローの愛犬 一弓についてまとめると

今回はイチロー選手の愛犬である一弓について調べてみました。

死去したとも思われていた一弓ですが現在もちゃんと生きており、イチロー選手と一緒に生活しているようです。

現在17歳7ヶ月と高齢ですが、毎日を懸命に生きており、イチロー選手はこの姿に勇気を貰っていたのですね。

惜しまれながらの引退となったイチロー選手ですが、この引退をきっかけに婦人である弓子さんや一弓と一緒に居られる時間が増えそうですね。

今まで第1戦で戦い続けて生きたイチロー選手ですから少しゆっくりして欲しい!と思いながらも普段と変わらない生活を送りそうとも思えます!笑

イチロー選手、今まで本当にお疲れ様でした。

色々な感動をありがとうございます!!