阪神タイガースの藤浪晋太郎投手!

長身から繰り出されるストレートを武器に、新人時代から注目されている投手です!

同期入団には現・メジャーリーガーの大谷翔平選手がおり、

彼と比較しても遜色ない才能を持っていると思います!

しかし、藤浪晋太郎投手には大きな欠点ともいうべき弱点があります!

それは四死球が多い事!

新人時代には目立たなかったこの欠点ですが、

年数を重ねるたびに注目されていくようになりました!

最近では死球が原因でイップスになってしまったのでは?と言われる程です!
関連記事→藤浪晋太郎のイップスの原因は?黒田投手への投球が原因?


イップスの疑いが出始める前から四死球が多かった藤浪晋太郎投手のですが、

その理由はフォームにあると言われていました!

いったいどの様な理由なのでしょうか?

藤浪晋太郎投手の四死球の数

まずは藤浪晋太郎投手の四死球の数を調べてみました!

2013年:登板数 24 四球 44 死球 2
2014年:試合数 25 四球 64 死球 11
2015年:試合数 28 四球 82 死球 11
2016年:試合数 26 四球 70 死球 8
2017年:試合数 11 四球 45 死球 8

こうしてみると確かに1年目以降は増えていってますね。

2014年以降は2~3試合毎に1個は死球を出している計算になります。

2017年シーズンに至っては、試合数が少ない為、

2試合やれば必ず1個は死球を出している計算になってしまいますね。

死球が多い理由は?

藤浪晋太郎投手が死球が多い理由はそのフォームにあるとされ、

元々フォームに欠陥があるとは言われてはいたそうなんです!

その欠陥というのが、

インステップで投げる事によりストレートがシュート回転する

というもの!

インステップとは投球時に踏み出す足がバッター方向ではなく、体の内側に向いてしまう事

を言います!

藤浪晋太郎投手の場合、右投げのピッチャーなので、踏み出しの足は左足となり、

この左足が内側である3塁方向を向いてしまう

という事です!

インステップになってしまうと、上半身はホームプレート方向に向かって投げようとするのに対し、

下半身は3塁方向を向いている事になり、体を捻った形での投球となります。

こうなるとボールのリリースポイントが安定せずにコントロールをつける事が難しくなり、

さらにはボールがシュート回転してしまう事が多くなります!

右投手の場合はシュート回転したストレートは右バッターのバッターボックスに向かって進んでいくことになります!

必然的に、右バッターへの死球は多くなりますよね!

http://kitchensink11.seesaa.net/article/371637398.htmlより引用

また、インステップには、

腕に負担がかかりやすく、ケガの原因になる

というデメリットもある様です!

一応、右投手である藤浪晋太郎投手がインステップで投げると、

右バッターに対しては有利なようなのですが

それ以上にデメリットの方が大きいようです!

勝負する前に四死球を与えてしまっていては話になりませんしね!(^-^;

スポンサーリンク


藤浪晋太郎投手の死球被害者リスト?

藤浪晋太郎投手に死球を受けた選手を一部では死球被害者リストと呼ばれているようです!(^-^;

藤浪晋太郎投手にとっては嫌な呼ばれ方ですね・・・

一応死球を受けた人たちを纏めてみました。

中日ドラゴンズ 平田良介選手

2014年4月22日の中日戦。

大阪桐蔭の先輩である平田選手に死球を当てしまいました!

平田選手は温厚な方のようですが、さすがにこの時は怒っていたようです。

しかし、後日、藤浪晋太郎投手が謝罪に行くと

もっと思い切って放って来いよ

と声をかけてくれたようです

確かに優しい方ですね!

広島カープ 菊池涼介選手

2014年9月12日の広島戦

藤浪晋太郎投手が投じた1球がが菊池選手の胸元に直撃しました!

菊池選手はかなり痛そうにしていたようです。

また、この時に阪神のマートン選手も広島のピッチャーから死球を受けていたので、

険悪な試合となってしまいました。

広島カープ 黒田博樹選手

2015年4月25日の広島戦

バントの構えをする黒田博樹選手のすぐ近くに暴投!

しかもこの暴投は2球連続で続いてしまいまいた。

この時は乱闘になりかけたそうです。

この投球がきっかけで、藤浪晋太郎投手はイップスになってしまったのでは

といわれています!

ヤクルトスワローズ 谷内亮太選手

2016年4月19日のヤクルトスワローズ戦

藤浪晋太郎投手が投げたストレートが谷内選手に向かって行ってしましました。

このボールを避けようとした谷内選手ですが、運悪、左手手首に直撃!

この死球が原因で、手首を骨折してしまいました。

しかし、謝罪をしに行った藤浪晋太郎投手ですが被害者のはずの谷内選手から、

避けられなくてごめん

と逆に謝られたそうです。

中日の平田選手同様、すごいイイ人なんですね。

ヤクルトスワローズ 畠山和洋選手

2017年4月14日のヤクルトスワローズ戦。

畠山選手の肩口にデッドボールを当ててしまい、

この時は乱闘騒ぎへと発展してしまいました!

中日ドラゴンズ 石垣雅海選手

2軍の試合での事です。

当時、成績不振により、2軍での試合に出ていた藤浪晋太郎投手。

しかし、この時も死球を投じてしまいました。

しかも、この時は石垣選手への頭部への死球であり、

その為、藤浪晋太郎投手は危険球退場となっています。

まとめ

藤浪晋太郎投手が死球が多い原因と、

死球被害者リストと呼ばれている選手について調べてみました!

インステップを続けていると故障の原因にもなるようですし、

コントロールを安定する為には、やはりフォームの改造に着手する必要がある様ですね。

まだまだ将来のある藤浪晋太郎投手だけに、

この欠点を克服し、また活躍する姿を見たいですね!

将来は日本を代表する投手に成長してくれると期待しましょう!(#^^#)

スポンサーリンク