萩原健一さんが死去!死因は?お葬式はいつ??

太陽にほえろや傷だらけの天使などで出演していた大俳優・萩原健一さんが3月26日に死去していたことが28日に判明しました。

日本を代表する作品に数多く出演した大俳優の死去であり、非常にショッキングな報道ですよね。

萩原健一さんの死因などについて調べてみましょう!



萩原健一さんの死因は?

気になる萩原健一さんの死因は一体何なのでしょうか?

報道によると都内の病院での死去となっていますので、病気でお亡くなりになったのは間違いないようです。

所属事務所によると実は萩原健一さんは2011年から闘病生活を行っていたそうで、本人の強い希望によって病名は伏せられていたそうです。

約8年に渡る闘病生活という事はやはりがんなどの悪性腫瘍が死去の原因となっているのでしょうか?

萩原健一さんは過去に耳に慢性真珠腫という病気を患い、大河ドラマ「太平記」を降板した事があります。

真珠腫とは耳がふさがった感覚が繰り返されるうちに徐々に進行する病気であり、その結果、聴力が悪くなり、耳漏と呼ばれる耳から液体が出る状態を繰り返し生じるようになります。

この状態が進んでいくと難聴や眩暈を感じるようになり、この結果、大河ドラマを降板したようです。

その時、悪性腫瘍には発展しなかったと言われていましたが、もしかしたらこの時の病気が関与しているのでしょうか?

萩原健一さんの死因については現在調査中です!

追記
萩原健一さんの死因がGISTという消化器官の腫瘍であることが判明しました!



萩原健一さんの死因がGISTとは?

GISTとは消化管間質腫瘍という病気であり、胃や小腸など、消化管の壁にできる転移、再発を起こす悪性腫瘍の一種です。

病変が大きくなっても自覚症状が少ない腫瘍であり、腹痛や出血、下血、貧血などの症状が現れるそうです。

発症する確立は10万人に1~2人とかなり少なく、希少がんの1つに位置付けられます。

GISTを完全切除された患者さんの5年生存率は40~63%となっているそうです。

お葬式やお別れ会はいつ?

萩原健一さんがお亡くなりになったのは3月26日であり、お葬式や告別式は既に家族だけで終えたそうです。

おそらく告別式を終え、ひと段落したこのタイミングでの発表となったのでしょう。

そしてファンの方が気になるのはお別れ会の日取りですよね。

現在まで萩原健一さんのお別れ会に関する情報は報道されていません。

この件に関しては情報が入り次第追記していきたいと思います。

萩原健一さんの死因やお葬式についてまとめると

今回は大俳優の萩原健一さんの死因やお葬式、そしてお別れ会について調べてみました。

萩原健一さんはGISTと呼ばれる悪性腫瘍と2011年から戦っており、3月26日に容態が急変し、お亡くなりになったようです。

既にお葬式はご家族で終えられているそうで、ファンに対して行うお別れ会についてはまだ日程の発表はありません。

お別れ会についての情報は分かり次第追記していきます。

萩原健一さんのご冥福をお祈りします。