チコちゃんに叱られる?で紹介!朝ドラあるあるとは?3月29日放送

3月29日に放送されたチコちゃんに叱られる?

今回の放送ではなぜ歴代の朝ドラヒロインが登場しており、過去の作品を一気に振り返っています。

そんな中紹介された朝ドラあるある。

どの様なあるあるが照会されているのでしょうか?



朝ドラあるあるを紹介!

放送内で紹介された朝ドラあるあるがこちら!

水によく落ちる!

まず紹介されたのがヒロインが水に落ちるシーン。

歴代の朝ドラではよくヒロインが水に落ちるシーンが放送されています。

実はこれには理由があり、デビュー間もない女優が水に落ちるという思い切った演技を行うことで殻を破らせ、はじけさせる事が目的となっています。

ヒロインは高いところに登りがち

朝ドラのヒロインは木や屋根などの高い場所に登っているシーンが多いです。

この様なシーンはドラマ序盤に放送され、おてんばなどのキャラクターづけの為で、半年間続く朝ドラではしっかりした性格のヒロインだと視聴者が疲れるため、ヒロインはおてんばでドジな方が良いそうです。

のぞき見死しがち

朝ドラ作中は色々なのぞき見シーンが放送されており、王道の柱から、隙間から、ガラス越し、壁の穴からなど様々な場所でのぞき見が行われています。

さらに、複数人で縦にならんだ「のぞき見トーテムポール」という状態でののぞき見も行われています。

なぜ朝ドラにはのぞき見シーンが多いのでしょうか?

その理由はどうやら手っ取り早いから。

起きたことを再び説明するシーンは視聴者にとって退屈である為、のぞき見シーンを使って一気に見せることにしたようです。