張衡の「帰田賦」も令和の由来??万葉集だけじゃないって本当??

2019年4月1日!

ついに新元号が発表され、大きな話題となっています。

注目された新元号は「令和」!

皆さんなかなか予想できなかった「令」という字が入っており、この元号名を予想できた人は居るのでしょうか?

そんな新元号「令和」ですが、発表時、由来は日本最古の和歌集である万葉集から取ったとされています。

しかし、「令和」の由来となったのは万葉集だけでなく、張衡の「帰田賦」もそうなのでは?と噂になっています。

一体、張衡の「帰田賦」とはどの様なものなのでしょうか?



「令和」の由来となった万葉集の部位は?

令和の由来となった万葉集。

この和歌集に登場する、初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ(初春令月 気淑風和)、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らすという文章から二文字を取り、「令和」となったようです。

ちなみにこの文章の意味は大伴旅人の邸宅に集まりて、宴会を開く。時に、初春の何事をするにもめでたい月が出ていて、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように咲き、蘭は身を飾った香のように薫っている。という物です。

「令和」はこの「初春令月 気淑風和」の部分から文字を取っていることが分かりますよね!

ちなみに令月とは陰暦の2月の事で、何事を始めるにも良い月という意味があるそうで、新元号には次世代の世の幸福を祈る意味が込められていると思われます。

「命令」の「令」からややネガティブに感じた人も居るようですが、意味を聞いたらなぜこの元号に成ったのか納得できますよね!



張衡の「帰田賦」も令和の由来??

万葉集が「令和」の由来と発表されていますが、実は「令和」の由来になたった文章と良く似た歌があると話題になっており、令和の由来は万葉集だけでは無いと噂になっています。

その歌こそが張衡の「帰田賦」。

張衡とは中国の王朝の1つである後漢の時代に活躍した政治家であり詩人です。

さらには天文学者・数学者・地理学者・発明家・製図家・文学者という一面もあり、マルチな才能を持っていたようですね。

彼は円周率の計算も行い、さらには月食の原理についていも理解していたようで、多彩な才能がある事がよく分かります。

そんな彼が残した「帰田賦」の一文にある「於是 仲春令月 時和氣清」という文章があります。

その文章が「初春令月 気淑風和」とほぼ同等の意味となっているそうです。

張衡は78~139年を生きた人物であり、万葉集は7世紀後半~8世紀後半にかけて作られたと言われていることから「帰田賦」の方が万葉集よりも古い書物となります。

万葉集が「帰田賦」の影響を受けていたのか、それとも「令和」の由来の1つが「帰田賦」なのかは分かりませんが、これが「令和」の由来は万葉集だけだけではないと言われている理由です!