4月3日に放送されたガッテン。

今回の放送では花粉症への対策が紹介されており、その1つに花の中にワセリンを塗る方法が効果的と放送されています。

一体どの様な事なのでしょうか?



ワセリンは花粉症に効果的??

皆さんご存知のワセリン。

ワセリンにはバリアとして2つの機能が期待でき、この効果は花粉症対策には非常に効果的です。

まず1つ目の効果は花粉の殻(外側)のアレルゲンを防ぐ効果です。

これはワセリンを鼻の粘膜に塗ることにより、この部位に花粉の殻にあるアレルゲンが直接接するのを防ぐというもの。

次に花粉の中身のアレルゲンも防いでくれます。

ワセリンにより、花粉が割れることを防ぎ、結果として内部のアレルゲンが飛散するのを防いでくれるんです。

マスクなどで外堀を埋め、ワセリンで内堀を埋めるように花粉症対策を行えばかなり効果的な対策となる事が期待できます。



ワセリンの塗り方は?

ワセリンの鼻への塗り方ですが、紹介されて方法は以下の通り。

綿棒に最適な量を取る
量の目安は綿棒の先が薄く覆われる位
3回くらい回す
最後に小鼻周りを押し詰め内部に浸透させる
鼻から出てきたワセリンをふく
回数は1日3~4回

以上となります。



ワセリンを塗るときの注意点は?

ワセリンを鼻の中に塗る時には注意点があります。

その注意点としては、

奥に突っ込みすぎない
脂漏性湿疹・脂漏性皮膚炎の方は避ける
大量に塗らない

ワセリンには脂が使用されていますので、脂によって湿疹や炎症が起こる人は避けましょう。

また、大量に塗ると鼻が詰まってしまいますので注意が必要です。