ラジエーションハウスで登場した「脳が溶けてる?」理由のアーチファクトとは一体何のこと?

4月8日に放送が開始されたラジエーションハウス。

今回の放送から早速CTやMRIの検査が登場していました。

しかし、今回MRIを撮影した患者さんの脳が黒く映らずに新人放射線技師が「脳が溶けてる?」と発言していました。

この理由は一体何なのでしょうか?



アーチファクトとは一体何のこと?

アーチファクトとは「人工の産物」とか「本来はなかったもの」を表す用語であり、今回は患者さんが歯の矯正に使用した銀歯や脳内にある脳動脈瘤を治療したときのクリップが原因となってこの様な現象が起こったそうです。

本来、人口物ば体内に無いような方はしっかりとした脳の写真が映るのですが、体内に人工物が存在するとMRI検査ではその人工物が原因となり、脳の写真がしっかりと映らない事がしばしばあります。

この現象をアーチファクトと言い、放射線技師なら誰でも知っている現象です。

ラジエーションハウス第一話に関する記事はこちらもどうぞ!
⇒ラジエーションハウスで登場したTIAとは一体何?4月8日放送
⇒ラジエーションハウスで登場したアンギオとは一体何のこと?
⇒ラジエーションハウスで登場した寄生虫 ウェステルマン肺吸虫とは?