令和という新元号が発表され大きな話題となっている中、今度は新紙幣が登場しました。

元号や紙幣が変更されると日常がガラッと変更されるような感覚になりますよね。

さて、今回新紙幣に導入され話題となっているユニバーサルデザイン。

このデザイン名は一体なんのでしょうか?



ユニバーサルデザインとは一体何?

ユニバーサルデザインとは「ユニバーサル=普遍的」という意味が込められたデザインであり、その内容はどんな方にでも使用できるデザインを指します。

どんな方とは年齢や性別はもとより、目が見えない障害者の方達にも使用できる物を目指しています。

具体例を挙げると、スロープや階段、両方が設置された歩道橋やエレベータ、マウスなどがユニバーサルデザインにあたります。

今回の紙幣には、目が見えない人に対する配慮として、指の感触によってお札の種類を識別できるマークの位置を変更しました。

さらに、外国人に対して紙幣の金額が分かりやすくなるように裏と表の数字を大きくしたそうです。