チコちゃんに叱られるで紹介!青春はなんで青い春と書くの?4月12日放送

4月12日で紹介されたチコちゃんに叱られる。

今回の放送では青春はなぜ青い春と書くのか紹介されています。

この理由は一体何なのでしょうか?



青春が青い春と書く理由は?

青春が青い春と書くのは春が青だと決まっているからです。

「春と言えば青」という考え方は古代中国では決まりきった考えだったようです。

古代中国では陰陽五行思想という思想より、自然界に存在するモノは「木」「火」「土」「金」「水」の5つに分かれると考えられ、青春という考え方もこの思想より来たものです。

陰陽五行思想にはそれぞれシンボルカラーが決まっており、「木=青」「火=赤」「土=黄」「金=白」「水=黒」となり、さらに季節も5つに振り分けられます。

その季節が「木=春」「火=夏」「土=間」「金=秋」「水=冬」となっています。

その為、木=青=春より青春となったそうです。

ちなみに人間の一生に例えると「春=15~29歳」「夏=30~44歳」「秋=45~64歳」「冬=65歳以降」となります。

つまり青春とは15~29歳の時を指します。

青春という言葉が日本で使われ始めたのは7世紀はじめの奈良時代です。

しかし、この時の青春という言葉はただ若い人という意味で使用されていました。

その後、時代が進むにつれてこの言葉には努力や恋愛という要素が付け加えられます。

明治時代の後半になると自分の未来について考える若者が急増し、さらに若者のあるべき姿を書いた書物も出版されました。

この書物は当時の若者に影響を与え、当時の書物の代表である夏目漱石の三四郎には「若い」「若さゆえの情熱」「夢に向かって頑張りたいが本当の自分が見つけられないあせりや葛藤」などが描かれており、青春のイメージを確立させたそうです。