4月12日に放送されたぴったんこカン・カン。

今回の放送では山下智久さんコト山Pが母校・明治大学の卒業式で卒業生にスピーチをする姿が放送されています。

このスピーチの内容が非常に感動的だと話題になっています。



山Pのスピーチの内容とは?

山Pのスピーチの内容はこちら!

人生は選択と決断の連続だと思います。

今後、2つ以上の難しい選択が現れた場合はぜひ一番難しい選択をして欲しいなと思います。

僕の人生の中で一番最初の難しい選択は芸能活動を続けながら大学に進学するという決断だったと思います。

当時から芸能活動をしていたのでなるべく目立たないように学校生活を送ろうと思って抗議を受けるときはいつも1番後の席で、正直食堂にもいったことがないんです。

でもそんな中で友達もできてその友人たちが僕を守ってくれるようになりました。

その時に明治大学に入学して頑張って良かったなと思いました。

目に見えるものはいつかなくなって消えてしまうんですけど、僕は大学生活を通して一生消えない思い出そして経験友情を築くことが出来たと思います。

挑戦しないと言う決断をしてしまうことが取り返しの付かない後悔につながるんじゃないかと思っています。

この先も困難な道を選び続けて生きたいなと思っておりますもし、自分の思うような結果が得られなくても僕はそのこと自体後悔しません。

それよりも僕は困難な道を選んでかけがえの無いものを手に入れることが出来ました。

彼らとは今も親友です。

聞いてくれてありがとうございました。

改めましてご卒業おめでとうございます

人生は困難の連続だがより難しい方に挑戦し続けろという内容のスピーチでした!