4月15日に放送されたラジエーションハウス第2話。

今回の放送では副腎皮質がんという病名が登場しました。

この病気は一体どの様な物なのでしょうか?



副腎皮質がんってどんな病気?

副腎皮質がんとは副腎と呼ばれる部位に発生する癌です。

副腎とは腎臓上部に存在する小さな三角形の臓器であり、左右に1個づつあります。

副腎は皮質と髄質という部位で構成されており、それぞれからホルモンが分泌されています。

この皮質部に起こる癌が副腎皮質癌であり、非常に稀な病気です。

10歳未満の小児や30歳代から40歳代の成人に発生しやすく、診断にはCTやMRIが用いられています。

作中でも造影CT検査が行われていましたよね。

治療方法としては手術や放射線治療などが行われるそうです!

ラジエーションハウス第2話の話題についてはこちら!
⇒ラジエーションハウスで登場した目に良いけどまずいお茶って何?4月15日放送
⇒ラジエーションハウスで登場したリ・フラウメニ症候群!どんな病気??4月15日