白鵬がけん責処分!理由や罰則は?そもそもけん責って何??

近年不祥事が暗い話題が続いた相撲界。

そんな相撲界に再び不穏な空気が流れています。

横綱である白鵬がけん責処分となったと話題になっています。

なぜ白鵬はけん責処分となったのでしょうか?

そして、そもそもけん責処分とはどの様な物なのでしょうか?



けん責処分とは何?

まずはけん責処分について調べてみましょう。

けん責処分とは不祥事や失敗、不正に対し行われる懲戒処分のうち、軽微な部類の処分となっています。

ちなみに懲戒処分の種類は7つとなっており、けん責、報酬減額、出場停止、業務停止、降格、引退勧告、懲戒解雇の順になっています。

白鵬がけん責処分となった理由は?

では、今回、白鵬がけん責処分となった理由はなんなのでしょうか?

白鵬がけん責処分となった理由は千秋楽の表彰式中に3本締めを行った為です。

千秋楽では表彰式の後に出世力士手打式から始まり、その後、神送りの儀式が行われ終了となります。

しかし、白鵬はこの儀式の前に三本締めを行い、手締めとした事でこの行為が「土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為」と見られ、けん責処分となりました。

ちなみに三本締めとは一本締めを三回繰り返す行為であり、主に公式行事やフォーマルな席で行われる行為です。

白鵬がは以前も千秋楽での万歳三唱が問題視された事があり、今回も同じような表彰式内での出来事となっていますね。



けん責処分の内容は?

今回、けん責処分となった白鵬ですが、けん責処分の内容はどのような物なのでしょうか?

白鵬が受けたけん責処分の内容は「将来を戒める」という内容となっているようです。

そもそも一般的なけん責処分の内容は注意や勧告を行い、始末書を提出し戒める処罰となっておりますので、白鵬も同様の処罰となっているのではないでしょうか?

ちなみに以前に万歳三唱で厳重注意を受けた白鵬ですが、厳重注意は口頭での注意となっており、今回のけん責は厳重注意以上に重い処罰となっています。

今回、けん責処罰を受けた白鵬に対し、八角理事長は横綱だからこそ礼節を守って欲しいとコメントしております。



白鵬のけん責処分に対し、国民の声は?

今回けん責処分を受けた白鵬に対し、世の中はどの様な反応を示しているのでしょうか?

ツイッターには様々な声が上がっており、賛否両論となっていました。

白鵬のけん責処分についてまとめると

今回は白鵬がけん責処分となった理由やその処分内容について調べてみました。

今回のけん責処分は千秋楽最後の儀式前に三本締めによって手締めを行ってしまったが為の処分となっているようです。

以前にも万歳三唱によって厳重注意を受けている白鵬だけに横綱の節度を守って行動して欲しいという考えからの処分となっています。

今後、白鵬がこの処分を受け、どの様な行動を取っていくのか見守りましょう。