仰天ニュースで紹介!扇風機おばさんの謎の死とは?4月30日放送

4月30日に放送された仰天ニュース。

今回の放送では過去話題になった扇風機おばさんが紹介され、彼女の謎の死について放送されていました。

彼女が亡くなった理由とは一体なんだったのでしょうか?



扇風機おばさんとは?

過去、仰天ニュースでも紹介された扇風機おばさんことハン・ヘギョンさん。

大きな顔と細い体から扇風機おばさんと呼ばれた彼女ですが去年12月に突然亡くなったそうです。

彼女の姉がハン・ヘギョンさんの死の真相について語ってくれました。

過去にハン・ヘギョンさんは日本で歌手を夢見て歌っていたそうです。

しかし、彼女にデビューの話は来ず、角ばったあごが原因と考えたハンさんはアゴにシリコンを入れる手術を闇医者によって行ったそうです。

その手術に満足した彼女は何度も闇医者に通い、シリコンを入れた結果、彼女のあごはまるでお月様のように膨らみました。

その顔からナイトクラブをクビになり韓国に帰国した彼女。

変わり果てたハンさんの顔見たお姉さんは病院でハンさんのシリコンを除去する手術を行ったそうです。

それでも美に対する執着心からか、闇医者から注射器とシリコンを買い自分でシリコンを注入し続けます。

歪んだ美への意識から彼女はこの時には幻聴まで聞くほど追い込まれていました。

この様な行為を繰り返した彼女はお金が尽きると自宅にあった食用油を注入するようになります。

その結果、顔は大きくなり、扇風機おばさんと呼ばれるようになりました。

彼女の姿が放送された結果、寄付が集まり、顔面からの異物除去手術が行われ、さらに整形手術への誘惑を断ち切る為、メンタルカウンセルも行われます。

その結果、顔も小さくなり、社会復帰もしました。

扇風機おばさんの謎の死とは?

社会復帰を果たしたハン・ヘギョンさん。

ある日彼女は肺が苦しくなり、大学病院に行きます。

その結果、診断された病名が「間質性肺炎」です。

間質性肺炎とは肺胞の間質に炎症や損傷がおこり、壁が厚くなった結果、酸素が取り込めなくなった状態です。

そして、発病に到った原因は顔に入れた異物だと言われたのです。

この時、ハン・ヘギョンさんに確認するとベビーオイルを顔に打ったと告白したそうです。

体内の異物に対して免疫が働くことで臓器が損傷することがあるそうです。

日本でも過去、豊胸手術によるシリコン注入によって間質性肺炎を引き起こした例があるそうです。

この間質性肺炎によって彼女は命を落としたそうです・・・

ご冥福をお祈りいたします。

4月30日の仰天ニュースの放送内容はこちら!
⇒仰天ニュースで放送!平成初期のハイジャック事件とは?4月30日放送
⇒仰天ニュースで紹介!チューリップ財津和夫がファンに送ったメッセージとは?4月30日放送
⇒仰天ニュースで紹介!柿胃石とはいったい何?4月30日放送
⇒仰天ニュースで登場!岩尾(のんちゃん)が放たした香取慎吾さんの仰天エピソードとは?4月30日放送
⇒仰天ニュースで紹介!ニュージーランドで起こった直下型地震の真相とは?4月30日放送