池澤樹のプロフィールを紹介!篠原さんとの馴れ初めは?年収や受賞歴を調査!

1990年代に独特なファッションと喋り方で大ブームを引き起こした篠原ともえさん。

当時、彼女のファッションをマネするシノラーが街にあふれかえっていましたよね。

そんな篠原ともえさんですが、なんと結婚していた事が分りました。

お相手は37歳のアートディレクターである池澤樹さんという方のようです。

今回は池澤樹さんのプロフィールなどを調べてみましょう。



池澤樹さんのプロフィールは?

生年月日:1981年6月5日(37歳)
出身地:東京都
最終学歴:武蔵野美術大学デザイン情報学科卒
職業:アートディレクター、グラフィックデザイナー

現在37歳の池澤樹さん。

東京都都立町田高等学校を卒業後、武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科に入学。

2004年に卒業しています。

卒業後は株式会社東急エージェンシーに入社し、その後は職場を博報堂へと変えています。

広告代理店である博報堂は大貫卓也さんや箭内道彦さん、佐藤可士和さんなど著名なクリエイターを輩出した会社です。

池澤樹さんも先輩クリエイター同様、この会社で活躍し、多くの賞を受賞しているようです。

現在は、武蔵野美術大学の特別講師や宣伝会議アートディレクター養成講座の講師も務める優秀なクリエイターです。



池澤樹さんと篠原ともえさんの馴れ初めは??

多くの受賞歴がある池澤樹さん。

彼はトヨタやロッテなど誰もが知る超有名会社の広告も手掛けています。

そんな池澤樹さんは2018年9月に篠原ともえさんとコラボレーションし、「emotion in motion 篠原ともえ150の原画展」を開催しています。

後のインタビュー記事にも篠原ともえさんが池澤樹さんとコラボレーションした事を語っていました。

この時の出会いがきっかけで、意気投合し、今年1月に結婚に至ったようです。



池澤樹さんの年手は?

超売れっ子デザイナーとして活躍している池澤樹さん。

トヨタやロッテなどの有名企業と仕事をし、さらに多くの賞を受賞しています。

これだけ著名なデザイナーである彼の年収ってどれくらいなんでしょうか?

さすがに年収について明記されている記事を見つける事はできませんでしたが、大手に勤めるデザイナーの年収が500万円前後、努力次第では800万円も可能だそうです。

ちなみにデザイナーの大手会社である博報堂の平均年収は1,057万円だとか。

この事を考えると少なくとも年収1000万円以上あり、さらに多く受賞歴がある彼は+αで収入があるのでは?と思われます。

少なく見積もっても1000万円以上はかたいのは確かですよね。

池澤樹さんの受賞歴は?ADC賞って何?

池澤樹さんは多くの賞を受賞しています。

東京ADC賞
JAGDA 新人賞
カンヌ国際広告祭 金賞
One Show 金賞
ADFEST グランプリ
SPIKES ASIA 金賞
ニューヨーク ADC賞 銀賞
朝日広告賞
毎日広告デザイン賞
日本パッケージデザイン大賞 銀賞
ベストデビュタント賞

特に東京ADC賞に関しては過去4回受賞しており、2016年からは3年連続の受賞となっています。

東京ADC賞とは1952年に創立された東京アートディレクタークラブ(通称ADC)が主催となって授与している賞であり、ADC会員約80名の審査によって作品が選出されます。

池澤樹さんは2018年にも東京ADC賞を受賞しており、応募総数7,904通の中から僅か10作品にのみ与えらえたADC賞を見事に受賞しています。

倍率790倍という超激戦の賞を見事に勝ち取ったんですね。

この経歴だけでも彼が超1流のデザイナーである事が良く分かりますよね。

池澤樹さんについてまとめると

今回は篠原ともえさんの旦那さんとして一気に有名になった池澤樹さんについて調べてみました。

池澤樹さんは超売れっ子であり、優秀なデザイナーとして活躍しており、この過程で篠原ともえさんと出会い、意気投合。

結婚に至ったようです。

篠原ともえさんも現在はデザイナーとして活躍されている方ですので、お似合いの2人ではないでしょうか?

これからは夫婦そろってデザイナーとして活躍していきそうですね!

近いうちに夫婦での個展会なども開催れるかも?

楽しみに待っていましょう!