華原朋美が妊娠6ヶ月!赤ちゃんへの影響は?今まで妊婦でライブを行った歌手は?

歌手の華原朋美さんが妊娠6ヶ月を報告しましたね。

令和になって結婚や妊娠など嬉しい報告が相次いでいます。

華原朋美さんは今月19日に岩船山クリフステージ#19に出演予定でありもあり、その場で嬉しい報告が聞けるのではないでしょうか?

さて、ここで少し気になったのは妊娠6ヶ月でライブを行って大丈夫なんでしょうか?

また、過去に妊婦でライブを行った歌手はいるのでしょうか?

調べてみました。



妊娠6ヶ月でライブを行っても大丈夫?

まず気になるのは妊娠している状態でライブを行っても赤ちゃんに影響はないのかという点です。

色々と心配な点が多いですよね。

まずは大音量!

ライブに行った事がある人は分かると思いますが、かなりの音量がステージで流れています。

この音量が赤ちゃんへ影響を与える心配はないのでしょうか?

結論からお話しするとこの大音量が赤ちゃんに与える影響は少ないようです。

その理由は羊水です。

赤ちゃんはお母さんのお腹にいる間は羊水の中にいる事になり、この羊水が音量を中和してくれるため、赤ちゃんにはこもって聴こえる程度と言われています。

また、実は歌を歌う事はストレス発散に繋がり、体に良いそうです。

さらに好きな歌を歌う事はリラックス効果に繋がり、リラックス状態ではお母さんにも赤ちゃんにも良いホルモンが分泌されてます。

妊娠中に歌を歌う事は赤ちゃんにとっては良い影響があるようです。

また、妊婦さんでノイローゼになってしまう方はそのほとんどが歌を歌っていないという報告もあります。

様々な点から考えて、歌を歌う事はお母さんや赤ちゃん両方に良い影響があるという事ですね。

とは言いましてもやはり妊娠中は不測の事態が起こる事が考えられますので、今回の岩船山クリフステージ#19も医師が待機しての体勢で行われるのではと思います。



今まで妊婦でライブを行った歌手は?

今まで妊娠中にライブを行った歌手はいるのでしょうか?

調べてみたところ、2014年にhitomiさん、2011年にアンジェラ・アキさんが妊婦としてライブを行っていました。

2014年 hitomiさん

当時、妊娠8ヶ月だったhitomiさん。

2014年秋に行われた「mama fes 2014 Autumn」に登場。

この時、彼女の代表曲である「LOVE 2000」をはじめとする4曲を熱唱しています。

その後、11月には無事に男の子を出産しています。

2011年 アンジェラ・アキさん

hitomiさん同様にアンジェラ・アキさんも過去に妊娠した状態でライブを行っています。

2011年9月に妊娠5か月を発表した彼女はこの年の12月に武道館で、さらに紅白歌合戦にも登場。

その翌年、2012年2月17日に無事、第1子を出産した事をFacebookで報告してくれています。

華原朋美さんが妊娠6ヶ月でライブを行う事をまとめると?

今回は華原朋美さんの妊娠6ヶ月でのライブについてまとめてみました。

歌を歌う事は妊婦のストレス発散に繋がり、帰ってお母さん、赤ちゃんともに良い影響があるようですね。

また、ライブ特有の大音量ですが、羊水に守られている為、赤ちゃんへの影響は大きくはないようです。

過去にhitomiさんやアンジェラ・アキさんも妊娠中にライブを行っていました。

その後、無事にお子さんを出産しているようなので、華原朋美さんのライブも少し安心して見ていられそうですね。

5月19日に彼女の歌と嬉しい報告、両方を聞けることを楽しみに待っていましょう!