少年革命家ゆたぼん(中村逞珂)の経歴を紹介!不登校に世間の反応は??

少年革命家ゆたぽんというYoutuberをご存知ですか?

本名を中村逞珂(ゆたか)さんと仰り、年齢はなんと10歳。

この年齢だけでも驚きなのなんと義務教育である小学校に通っていない、いわゆる不登校なんだそうです。

しかし、少年革命家ゆたぽんは「不登校は不幸じゃない」と断言し、自由に生きる世界を目指しているそうです。

小学生にして驚きの行動力ですね。

そんな少年革命家ゆたぼんの経歴や周囲の反応を見てみましょう。



少年革命家ゆたぼん(中村逞珂)の経歴は?

大阪で生まれ、現在沖縄在住のゆたぼんさん。

12月15日に「ゆたぼん10歳の誕生日パーティー」という動画がアップされている事からこの日が彼の誕生日なのでしょうか?

さて、動画からも解るようにゆたぼんは現在10歳のYotuber。

本来なら小学校に通っているはずの年齢ですが、彼は今小学校には通わずに自由に生きているそうです。

その生き方には多くの人が勇気をもらっており、不登校に悩む子供や親から相談が来るほど。

誕生日動画からも解るように沖縄ではかなりの有名人のようですね。

現在はラジオのパーソナリティーも務めており「少年革命家ゆたぼんの自由への扉」というタイトルでラジオが放送されているようです。

また、5月25日には親子講演会も予定しているそうです。

芸能人顔負けの忙しさですね。



少年革命家ゆたぼん(中村逞珂)が不登校になった理由は?

少年革命家ゆたぼんは小学3年生から学校には通っていない、いわゆる不登校児なんだそうです。

ゆたぼんが学校に通わなくなった理由は宿題を拒否し、放課後や休み時間を使用しやってこなかった宿題をやらされた事が不満だった為だそうです。

この時、ゆたぼんは先生の言う事を何でも聞く同級生がまるでロボットのように見えたそうです。

そして、このままだと自分もロボットのようになってしまうと感じ、不登校という選択に至りました。

この行動理念は彼のYoutuberでも訴えられていました。

小学生とは思えない発想と行動力ですよね。

この不登校を活かし、ラジオのパーソナリティーやYoutuberとして世間に「学校に通わない事は不幸ではない」「自由に世界を生きよう」と訴えています。

この訴えには多くの人が影響を受け、彼の元には不登校に関する色々な相談がきていると報道されていました。

少年革命家ゆたぼん(中村逞珂)への世間の反応は?

学校に通わないという選択を行ったゆたぼん。

彼に対して世間はどの様な反応をしているのでしょうか?

特に彼と同じ子供を持つ親がどの様に思っているか非常に気になりますよね。

否定的なコメントから応援や肯定的なコメントまで様々ですね。

ルールを守っていくのも大事だが、この様に自由に生きていく生き方に憧れを抱く人も多いと思います。

一概にどっちが良いとは言えない難しい問題ですね。



少年革命家ゆたぼん(中村逞珂)についてまとめると

今回は少年革命家ゆたぼんの経歴や彼に対する周囲の反応を調べてみました。

不登校という自由な生き方を選んだゆたぼん。

やりたいと思っていてもなかなか出来る事ではないのでスゴイ行動力だと思います。

しかし、その反面、否定的なコメントも寄せられていますね。

どちらが正しいのかは一概には決められない難しい問題だと思います。

少年革命家ゆたぼんが今後、どの様な行動を取っていくのかでこの生き方が良いものなのか悪いものなのか判断されそうですね。

少年革命家ゆたぼんの今後の活躍に期待しましょう!