ドラクエウォーク(ドラクエGO)の目的地システムを紹介!どの様な機能??

2019年6月3日に製作発表が行われたドラクエウォーク。

今回の発表ではドラクエウォークの代表的なシステムの紹介も行われています。

そんなシステムの中、ドラクエウォークの肝となる「目的地システム」。

この機能について説明したいと思います。



ドラクエウォーク(ドラクエGO)の目的地システムとは?

引用:https://www.dragonquest.jp/walk/

ドラクエウォークの目的地システムとはその名の通り、自分自身で行きたい場所を選択し、その場所に到達するとイベントが発生するシステムの事です。

ドラクエを1度はプレイした方は知っていると思うのですが、このゲームは特定の町やダンジョンなどに到達するとイベントが発生し、このイベントを繰り返していくことでゲームを進行していきますよね。

このイベントを起こす目的地を自分で選択出来るのがドラクエウォークの「目的地システム」です。

実際の画面を見てみましょう!

こちらは製作発表の動画で、スピードワゴンの小沢さんと平井アナが実際にドラクエウォークをプレイしているシーンがあり、動画44分くらいから目的地システムを使用しています。

この時、お二人はイベントを進める為に周囲のマップから目的地を選択していますよね。

東京タワー付近でプレイしていた彼らの目的地としてリアルに存在する「TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN」「トリミングサロン ピース」などが表示されています。

この候補からイベントを進める為の目的地を選択し、ゲームを進めていくわけです。

また、目的地まで歩く距離が多いほど得られるボーナスも大きくなっています。

大きなボーナスを狙い、遠くの目的地を設定するもよし!

逆に近所の目的地を設定し、イベント回数を増やして物語を進めるのもありですよね。

リアルに存在する地名を旅の目的地にする事が出来るこのシステムはリアルなドラゴンクエストを実現してくれる機能となっています!



ドラクエウォーク(ドラクエGO)の目的地システムについてまとめると

今回はドラクエウォークのシステムの1つである「目的地システム」について調べてみました!

「目的地システム」は自分が居る場所の近隣施設を旅の目的地といて設定できる機能であり、リアルなドラゴンクエストを実現してくれる非常に面白いシステムとなっています。

目的地までの距離によって得られるボーナスも変わってくるようなので、大きなボーナス狙いで遠い目的地を設定することも出来ますし、物語のイベント回数を増やす為に近所の施設を選択する事も可能です。

プレイヤー次第によってドラクエウォークへの遊び方もかなり変わっていきそうですね。

リアルなドラゴンクエストを実現してくれるドラクエウォーク。

正式版のリリースは2019年内を予定しているそうで、現在はβ版のテストプレイヤーを募集しているようです。

待ちきれない方はβテストに応募してみてはいかがでしょうか?

2019年6月5日までの募集となっており、関東県内にお住まいの方のみが応募出来るようです。

興味がある方はぜひ応募してみましょう!