猫の尻尾が地震によってたぬきの尻尾のように膨らむ理由は?【ツイッターで話題】

6月18日に起こった新潟・山形県を中心とした震度6強の地震。

周辺近隣の皆さんはご無事だったでしょうか?

この地震によってツイッターでは友人や親族、そして震源地に住む人を心配する投稿が多く寄せられていました。

そんな中、飼い猫に関するツイートが拡散され話題となっています。

どんなツイートなのか見ていきましょう!



地震によって猫の尻尾が膨らんだ?

今回話題となっているツイートはこちら!

投稿者が飼っている猫の尻尾が地震によって狸の尻尾のように膨らみぽんぽこになったという内容です!

やはり昨日起きた地震が相当怖かったんでしょうね・・・

このツイートに対して「家の猫も」「怖かったんだね・・・」「怖かったんだ・・」という投稿が多く寄せられていました!



地震によって猫の尻尾が膨らむ理由は?

さて、今回この投稿を行ったマクーさんの飼い猫であるぬこの尻尾が膨らんだ理由はなんだったのでしょうか?

もちろんその理由は地震によってビックリしたためです!

では、猫はなぜびっくりすると尻尾が膨らむのでしょうか?

猫の毛穴には立毛筋という筋肉があり、この筋肉が収縮することで毛が逆立ちます。

そしてこの立毛筋を収縮させるホルモンがアドレナリンです。

アドレナリンはリラックスした時に分泌するというイメージが強いのですが、実は恐怖を感じたときや興奮状態でも血液中に分泌されているんです。

その為、地震による恐怖からアドレナリンが分泌され、毛がぼわぼわに逆立ち狸のような尻尾になったという事ですね。

ちなみに恐怖意外で尻尾が逆立つ原因としては他にも「怒っている」「遊びたい」という時があるようで、ビックリした時のみに起こる現象ではないようです。

また、なぜ尻尾の毛が真っ先に逆立つのかと言いますと、尻尾にはかなり多くの立毛筋があるからです。

しかし、立毛筋は猫の全身にあるの逆立てようと思えば全身の毛を逆立てることが出来るようですよ!



猫の尻尾が地震によって膨らむ理由についてまとめると

今回は地震によって猫の尻尾が狸のように膨らんだ理由を調べてみました。

地震によって尻尾が膨らむ現象は猫がビックリしたことでアドレナリンが分泌され、その結果、立毛筋が収縮するからでした。

その為、感情が落ち着くとこの現象は収まるようです。

先日起きた地震は震度6強。

人間もそうですが、猫にとっても非常に怖い経験となったのでしょうね。

今後、余震が起こらないことを祈るばかりです。