宮沢氷魚の学歴がすごい!出身中学校や高校、大学を紹介!

モデルや俳優として活躍している宮沢氷魚さん。

7月から放送の偽装不倫で杏さん演じる浜鐘子の恋人役・伴野丈を演じる事が決まっています。

とても勢いがある宮沢氷魚さんですが、実は学歴もすごいんです!。

宮沢氷魚さんの学歴について見ていきましょう!



宮沢氷魚さんの出身中学や高校は?

では、宮沢氷魚さんの出身中学や高校を調べてみましょう!

彼が卒業したのはセントメリーズインターナショナルスクールです。

実は宮沢氷魚さん、出身はアメリカサンフランシスコ州であり、お父さんが日本人、お母さんがハーフで本人はクォーターとなります。

アメリカ出身という事もあり、インターナショナルスクールを選択したのでしょう。

ちなみにインターナショナルスクールとは日本語名で国際学校とも呼ばれており、その名の通り、日本に在住している外国人の為の学校です。

学校の特色から外国人の子供しか入学出来なさそうですが、インターナショナルスクールは日本人でも入る事が可能であり、芸能人の子供が通うことが多いですよね。

去年話題になった木村拓也さんと工藤静香さんの子供であるKokiさんもインターナショナルスクール出身者です。

さて、そんな国際的な教育に力を入れているインターナショナルスクールですが、元々は日本在住の外国人向けの学校である為、当然授業は英語が使用されている。

その為、必然的に英語が身につくようで、宮沢氷魚さんは英語が非常に堪能です。

また、インターナショナルスクールは中高一貫を通り超えて幼稚園から高校まで併設している場合が多く、宮沢氷魚さんが通ったセント・メリーズ・インターナショナル・スクールもこのパターンでした。

その為、宮沢氷魚さんは5歳から18歳までの14年間をこの学校で過ごしています。

では、彼が長年通ったセントメリーズインターナショナルスクールがどの様な学校なのか詳しく見ていきましょう!

セントメリーズインターナショナルスクールはどんな学校?

セントメリーズインターナショナルスクールは東京都世田谷区にある学校であり、所在地は以下の通りです!

この学校は歴史が古く、1954年に創立した男子校です。

その歴史の古さからインターナショナルスクールの老舗とも表現されており、関東圏のインターナショナルスクールではかなり人気が高い学校です。

そしてこの学校は非常にハイレベルであり、超難関高と言われています。

そこで、セントメリーズインターナショナルスクールの難易度がどのくらいなのか調べようと、この学校の偏差値を調べたのですが、どうやらインターナショナルスクールには偏差値と言う考えは適応されないようです。

その理由はインターナショナルスクールの入学試験が一般的な入試方法と比較し特殊だからのようですね。

インターナショナルスクールの入学条件としてよく提示される条件が以下のものとなっています。

・子供の国籍
・子供の英語力
・親の英語力

この3点は必ず問われる項目であり、生徒だけではなく親の英語力も必要なんだそうです。

インターナショナルスクールは英語で授業が行われますので、自宅で子供に勉強を教える時には親の英語力が必須となるわけですね。

この様に一般的な学校と試験方針が異なっている為、偏差値と呼ばれる基準が適応されませんが、セントメリーズインターナショナルスクールは間違いなくハイレベルな学校であり、将来海外での活躍を考えているなら最適な学校と言われています。

さて、一般的な学校とは何もかも違うセントメリーズインターナショナルスクールですが、当然授業内容にもかなり特徴があるようです。

セントメリーズインターナショナルスクールのホームページを覗いてみたところ、小学3年生~5年生の授業ではiPadが必要なる様で、先進的な授業内容となっているように見えました。

最近はタブレットを授業で使用する学校が多くなっているようですが、セントメリーズインターナショナルスクールはいち早くこの方針を取り入れているんですね。

また、年間行事も面白く、毎年10月下旬にはビンゴ大会も開かれ生徒だけではなく父兄も参加する一大行事となっているようです。

その他にはスポーツや芸術などの課外活動にも力を入れているようですね。

大変特徴のあるセントメリーズインターナショナルスクールですが、その分学費もかなり高くなっており、初年度は284万円でその他の年度は214万円という情報を見つけました。

インターナショナルスクールの1年の学費は一般的に200万円を超えると言われているので、信憑性は高そうです。

この金額を元にセントメリーズインターナショナルスクールに14年間通った宮沢氷魚さんの学費を計算したところ約3000万円となりました。

ちなみに一般的な公立校を卒業するまでにかかる学費は約500万円らしいのでおよそ6倍の金額となっていますね。

親にかなりの経済力がないとインターナショナルスクールに通うのは厳しそうです・・・

ちなみに、これだけの学費が払える事からも予想できるように宮沢氷魚さんの両親は著名なかたなんです。

彼の両親についてはこちらの記事に記載していますのでご覧になってください!

一般の学校にはない刺激がたくさんあるセントメリーズインターナショナルスクールで宮沢氷魚さんは少年時代を過ごしていました。

宮沢氷魚さんと同じ学校の有名人は?

一般的な学校とは何もかもが違うセントメリーズインターナショナルスクール。

実は宮沢氷魚さん以外にもこの学校を卒業した著名人がいらっしゃいました。

セントメリーズインターナショナルスクール出身者
・マイケル富岡
・VERBAL
・村上大介

他にも何名も著名な方はいらっしゃるのですが、そんな中でも上記3名は誰もが知っていそうな方たちです。

マイケル富岡さんは現在様々なバラエティーに出演しており、誰もが一度は目にした事があるでしょう。

VERBALは音楽グループ・m-floのメンバーですよね。

さらに9歳までですがフィギュアスケートの村上大介さんもこの学校に在籍していたようです。

セントメリーズインターナショナルスクールは芸能界や音楽界、さらにはスポーツ界など幅広い人材を輩出している学校のようです。



宮沢氷魚さんが卒業した大学は?

では次に宮沢氷魚さんが卒業した大学について調べてみましょう!

セントメリーズインターナショナルスクールを卒業した宮沢氷魚さんが進学した学校はアメリカにあるカリフォルニア大学サンタクルーズ校です。

やはり国際的な人物を目指して海外の大学へと進学したようですね。

それ以外にも日本のインターナショナルスクールは専門学校扱いとなり、高校卒業の資格を得る事が出来ないのも海外に進学した理由ではないかと思います。

高卒資格が得られない為、国内の大学を受験する事ができないインターナショナルスクール出身者は海外へと進学するケースが多いようです。

さて、宮沢氷魚さんが進学したカリフォルニア大学サンタクルーズ校ですが、自然豊かな土地に囲まれた大学であり、休日には海にドライブに行ったり、森でハイキングを行うようなのどかな場所のようです。

場所はこちらですね!

地図情報を変更すると自然が多いのが良く分かります!


休日に海にドライブなんてとても大学生らしい過ごし方ですよね。

きっと絵に描いたような学生時代をこの大学で送っていたんでしょうね。

また、この学校は留学生も少なく、地元から通っている方が多いようですね。

非常にのどかな場所であり、田舎が好きな方にはうってつけの環境のようですが、実はどのぶん色々と不便もあるようです。

もしかしたらその為もあったのでしょうか?笑

宮沢氷魚さんは21歳の時に帰国し、国際基督教大学 教養学部に編入しています。

この学校は都内にありますので、田舎から一気に都会に来たんですね!笑

編入条件として、日本、もしくは海外の大学に1年以上在籍した事がある者とありますので、高卒資格がなくても宮沢氷魚さんは編入が可能だったようですね。

ちなみに国際基督教大学 教養学部は67.5とかなり高難度です。

インターナショナルスクールに続き、宮沢氷魚さんの優秀さが良く分かりますよね。

そして、宮沢氷魚さんがモデルやタレントとして芸能活動し始めのたがこの時期でした。

最初はモデルやタレント業がメインだったようですが、後に俳優として活動し、23歳の時に「コウノドリ」というドラマで俳優デビューしています。

現在は国際基督教大学 教養学部を卒業し、持ち前の英語力を武器に芸能活動を行っています。



宮沢氷魚さんの学歴をまとめると

今回は現在売り出し中の俳優・宮沢氷魚さんの学歴について調べてみました。

かなりの高学歴である宮沢氷魚さん!

幼稚園から高校まではセントメリーズインターナショナルスクールに通い、その後はカリフォルニア大学サンタクルーズ校に進学。

最終的には国際基督教大学 教養学部へと編入を果たしています。

素晴らしい学歴ですね!

さらに英語もペラペラなようで、この語学力は俳優として宮沢氷魚さんの強力な武器となりそうです。

そういえば今回、偽装不倫で演じる伴野丈は世界中を旅するフリーのカメラマンという役柄ですので、彼の英語力がフルに活かせそうです。

この役をゲットしたのも宮沢氷魚さんの語学力が合ったからなのかもしれませんね。

今後も俳優として活躍していくであろう宮沢氷魚さん。

これからどのような役を演じていくのか注目ですね!

キャッチ画像引用:https://www.cinematoday.jp/page/A0006612